カテゴリ:勉強会・トークイベント( 48 )

d SCHOOL わかりやすい台所道具の手入れ  d47 design travel store

5月9日(水)19:30〜21:00
渋谷ヒカリエ 8/ court にてd school 「わかりやすい台所道具の手入れ」を開催します。

拙書「台所道具を一生モノにする手入れ術」をベースに、
白木のおひつ、鉄のフライパン、土鍋など、
”かっこいいから使ってみたいけれど、使い方がわからない”
”常識と思われていることを、今更聞けない”
実例(主に、日野の失敗例の写真)をお見せしながら、
お伝えいたします。

....................................................
以下、主催のD&DEPARTMENTのサイトより

※ こちらは日野明子さんの著『台所道具を一生ものにする手入れ術: 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力』(税込¥1,728)付きの勉強会す。
参加費 3000円
すでに書籍をお持ちの方はご持参いただき、会場受付にてご提示いただきましたら、1,500円引きにてご参加いただけます。

お申し込み方法 電話(03-6427-2301)/
d47店頭(渋谷ヒカリエ8階)/
お申し込みフォームはこちら

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

d47 MUSEUM「47 REPAIR & CARE」展関連イベント
クラフトバイヤー・日野明子さんに教わる台所道具のお手入れの基礎
まな板や土鍋、中華鍋、竹ザル、ステンレスやアルミの道具など、様々な素材がある台所道具。知っているようで実は知らない、台所道具のお手入れの基礎を学びます。日々のお手入れで方法を知ることは、長く使える道具選びの基準を知ることにも繋がります。また、「きれいに保つ」のではなく「手を入れていく」ことで、長く使い続けられるということを学ぶ勉強会です。
c0164708_13565347.jpg

リアルな例がたくさん…(事実に基ずく講座です)

c0164708_13563975.jpg
c0164708_13562792.jpg
c0164708_13563490.jpg



[PR]

by utsuwa_cafe | 2018-05-01 00:00 | 勉強会・トークイベント

大分県竹田市にて「TAKETAものづくり塾」

2月26日、27日に竹田市による「TAKETAものづくり塾」が二日連続で開催されます。
わたしは26日にお邪魔します。


2月26日(月)
10時〜12時
タイトル
「個人以上、産地未満な
ものづくりと関係づくり」

2月27日(火)はユナイテッドアローズ、サザビーリーグのバイヤーを歴任されている
安藤桃代さんによる
「選ぶことかうことからみる
ものづくりに求められること」

場所TSG 竹田総合学院
問い合わせ
竹田市 企画情報課 0974-63-4801

....................................................

勉強会は、竹田市の作り手対象ですが、
なお2月22日(木)〜25日(日)は
「たけた見本市」が、開催されています。
こちらは、入場無料で、販売会も兼ねています。


「たけた見本市」
R&S(旧馬場家具倉庫)大分県竹田市大字竹田町455
11時から17時

問い合わせ 
竹田市役所 企画情報課 0974-63-4801


....................................................

c0164708_11550112.jpg

c0164708_11585039.jpg
c0164708_12001819.jpg





[PR]

by utsuwa_cafe | 2018-02-23 00:00 | 勉強会・トークイベント

安比塗をたのしむ・2@工藝風向 

2月6日(火) から 2月18日(日) まで









工藝風向さんから「漆の良さを、九州の人はまだまだ知らない」…と、

ご相談を受け、毎年、少しづつ、漆の作り手を紹介しています。


そして風向さんが言いました。

「漆を使う人を増やすには、漆を扱うお店に、漆を知ってもらわないと始まらない」と。


そんなことで、<お店>の人を対象にした、漆のセミナーを行います。

今回は岩手の安比塗漆器工房の豊原智美さんをゲストに迎え、

安比塗りを中心とした、漆の話をさせていただきます。


....................................................



今年も岩手県八幡平市・安比塗漆器工房の仕事を紹介いたします。

漆の椀でいただく温かいスープは目にもうれしく、口当たりは柔らかい。

そして使うほどに艶を増していく楽しさ。日々の食卓を支えてくれる良き友です。

毎日のお椀から晴れの日の重箱まで、安比塗漆器工房、そして工房で学んだ

漆塗りたちのうつわが、一同に揃います。ご覧いただき、身近に用いて

いただければ幸いです。


【関連企画】

「漆を扱いたいお店の方へ 配り手のための安比塗セミナー」

日時:213日(火)13:0015:00

講師 :豊原智美(安比塗漆器工房) 日野明子(クラフトバイヤー)

参加費:1000円(安比塗で食べるご飯とお味噌汁付き)

会場:工藝風向別室(福岡市中央区)

メールにてお問合せください。


漆器について、配り手側の視点から学ぶという「売り手のための」

勉強会です。浄法寺における漆の歴史や特徴、安比塗の活動概要を含め、

九州ではまだなじみの薄い岩手の漆について幅広く学びましょう。

漆器の取扱を検討しているお店の方と産地の作り手を結ぶ会でもあります。

講座の性質上、ギャラリー・ショップ経営者など流通関係の方、

また出版などメディア関係の方のご参加を優先させていただきます。

どうぞご了承ください。



場所 工藝風向〒810-0042 福岡市中央区赤坂2-6-27TEL:092-716-5173


c0164708_23434708.jpg
c0164708_23435184.jpg


[PR]

by utsuwa_cafe | 2018-01-30 00:00 | 勉強会・トークイベント

 暮らしのうつわと道具をめぐる話(NHKカルチャー)

1/25(木)14:00~15:30
中野 モノ・モノにて、【暮らしのうつわと道具をめぐる話 】をいたします。

以下からお申し込みください。

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1087950.html

会場
モノ・モノ
東京都中野区中野2-12-5メゾンリラ104 
TEL:03-3384-2652
●現地集合・解散


暮らしを豊かにするうつわと道具。
それらの現場に行き、作り手に会うために、仕事を見つけています。
今回は、<ちょっと扱いずらい>と思われがちな漆器を中心に、
鉄器や、竹、ステンレスの道具などのお話を、作る現場の写真を交えて、お話いたします。
会場は、講師が大学時代の教授で、大いに影響を受けた秋岡芳夫さんが
つくった伝説の場所<モノ・モノ>です。


c0164708_13194924.jpg
c0164708_13194695.jpg



c0164708_06530704.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2018-01-20 13:00 | 勉強会・トークイベント

10月21日(土)「食べながら学ぶ漆器のイロハ」@中野・モノ・モノ

今週末、中野のモノ・モノで開催される「安比塗漆器工房」展。

食事会のメニューが、お料理のヤスダ屋・安田さんより到着いたしました。


とっても美味しそうです!



10月21日(土) 1部 11:30〜12:30 2部 13:30〜14:30 

「食べながら学ぶ漆器のイロハ」 
◎講師:日野明子(クラフトバイヤー) 料理:安田花織(ヤスダ屋)
◎参加費:税込1000円・予約制 

申込みフォームからご予約ください。


料理家・安田花織さんが岩手の食材で作ったヘルシーなランチを、

安比塗の器でお楽しみください。

食事を楽しみながら、漆器の楽しみ方やお手入れのなども学べます。

1部と2部の全席入れ替え制です。各回ともお席は12名様分をご用意しています。


当日のメニューは岩手北地方の郷土料理をベースに

季節のきのこや新米を使う予定です。



山に囲まれ、寒さも厳しく雪深い八幡平の保存食や雑穀を上手に活用し、

漆とともに暮らしてきた八幡平の食の風景に想いを馳せて頂ければと思います。

ただ新しいものをのせるのではなく昔から伝えられてきた食や漆器を

違う角度から触れる事で改めて魅力を感じて頂き、

暮らしに取り入れたくなるご提案が出来ればと考えております。


・かすおもし(おからのお惣菜)

・切干大根のオムレツ

・身欠き鰊のマリネ

・雑穀ときのこのパテドカンパーニュ

・新米ご飯

・おつこ汁(大豆のポタージュ) 塩鮭のクラッカーをクルトンの様にして


デザート:そば粉を使ったデザート



※ 写真は、<漆器使用例>として、安比塗り漆器工房のリーフレットから。



c0164708_09013022.jpg

c0164708_10232334.jpg
c0164708_10232688.jpg



[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-10-16 00:00 | 勉強会・トークイベント

「使わず嫌いにさようならー木工編ー」@もうひとつのdaidokoro

6月につづき、池袋の<もうひとつのdaidokoro >さんで、
使い方レクチャーをいたします。

c0164708_01532682.jpg
                   ↑
                      安比塗漆器工房にて


「使わず嫌いにさようならー木製品編ー」です。今回は昼間の開催。

漆、おひつ、白木の弁当箱、オイル仕上げの木工品などの
長く使いこなす付き合い方を、ご説明します。
作り方などの映像を交えての講義なので、ものづくりに
興味のある方には、映像が楽しいと思います。

使いたい、でも、使い方がわからなくて、尻込みしている方はぜひ。

ご自身の<この使い方、合ってます?>といううつわや道具の
持ち込みの質問も受け付けます。


日時:8月12日(土)  14:45 開場 15:00 開演
定員:30名 料金:1,500円[税別]

もうひとつのdaidokoro」でのお食事は別料金、daidokoroの「一汁二菜」を販売予定。


会場 もうひとつのdaidokoro〒170–0013 東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 池袋5FTel: 03-6914-0588

c0164708_01482528.gif
c0164708_01584921.jpg

司製樽








[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-08-03 00:00 | 勉強会・トークイベント

NO PROBLEM展(@GOOD DESIGN MARUNOUCHI)7月1日にトークイベント

『NO PROBLEM』とは、製品の製造過程で必ず生まれてしまう
B品と呼ばれる製品を「NO PROBLEM(問題なし!)」として
受け入れることを通して、今の日本におけるデザインと生活の
風通しをよくしようとするプロジェクトの展覧会が、
GOOD DESIGN MARUNOUCHIで開かれています。
http://visionglass.jp/np2017/

c0164708_06452675.jpg

こちらの7月1日のトークイベントにお招きいただきました。
呼んでくださったのは、このプロジェクトの発起人の一人の高橋孝治さん。
彼は学生時代から面白いことをしていたので、仕事はしていないのに
なんとなく、定期的に連絡を取り合っている間柄です。
6月17日のレセプションの際、打ち合わせがてら話をしたのですが
(会社含めて)20年以上の問屋生活からは、いろいろ、出てくる、出てくる。
実例のぶっちゃけ話になると思います。

◎ 2017/07/01 (土) 18:00〜 トークイベント 01「ものと向き合う」参加申込

「ものとの向き合い方」について、NO PROBLEMプロジェクトチームと日野 明子さんのトークイベントを 開催いたします。日野さんは、「消費者をやめて、愛用者になろう」の言葉でも知られる工業デザイナー、 故・秋岡芳夫氏に学びました。ひとり問屋として全国各地のものづくりの現場を訪ね、優れた納得のいくもの を仕入れ、小売店に卸し、作り手と売り手、使い手という「人」と「もの」をつなぐ仕事を続けています。


東京展
【会  期】2017年6月20日(火)〜7月17日(月・祝)
【開場時間】11:00-20:00 会期中無休
【会  場】GOOD DESIGN Marunouchi / 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
【主  催】NO PROBLEM プロジェクトチーム
【共  催】公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)


◎ 2017/07/14 (金) 19:00〜 トーク02「寛容なくらしとデザイン」参加申込

NO PROBLEM展は、使用にあたって問題ないのにもかかわらず、現状の流通では「B品」とされ世に出ない日用品を受け入れ、それを愛着をもって使う寛容さのある暮らしを示唆しています。

「わけあって、安い。」というコピーとともに登場した無印良品は、経済的なメリットだけでなく、その「寛容」の感覚を初めに社会に表明したブランドだったのではないでしょうか。


NO PROBLEM展トーク2では、株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室長を務める矢野直子氏をお招きし、無印良品の描いてきた生活像や「自然」というステートメントに込められたメッセージ、具体的な取り組みについてお話いただき、「寛容さのある暮らし」の実現に対してデザインができることを考えてみたいと思います。



◎ 2017/07/07 (金) 19:30〜 デザイナーのつどい 参加申込

7月7日(金)19時半より、デザイナーの限定でNO PROBLEM展を語り合う「NO PROBLEM展・デザイナー限定集会」を開催します。


性能・機能的には問題ないにもかかわらず、世の中に出ることのない「NO PROBLEM」な「B品」は、製品の製造過程で必ず生まれてしまうものです。

NO PROBLEMプロジェクトメンバーのお一人で、家具メーカーのプロダクトデザイナーである木下洋二郎氏にご参加いただき、

・「B品」の基準や、モノの価値観を変えることで、通常品と同様に受け入れることはできないのか?

・均一でないことを、画一的でないことをポジティブに捉える風潮がある一方、大量生産する工業製品において、不均一さ、不均質さが魅力となるためには、どうすればいいか?

というようなテーマについて、日々製品デザインに向き合うデザイナーだけで集まって、じっくり話してみませんか?NO PROBLEM展」についての感想も大歓迎です。

ビールなどご用意して、食べ飲みしながら、楽しく話せる場にしたいと思いますので、お気軽にご参加ください。


デザイナーや、デザインに関わる方で、NO PROBLEMプロジェクトに興味がある、また展覧会を見て意見交換したい、という方も、ぜひお気軽に参加ください。


こちらに、会場に関して、詳しく書かれています。
Webマガジン「AXIS」 |あなたはB級品を受け入れられますか。NO PROBLEM展が問いかける日用品の精度
[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-06-29 00:00 | 勉強会・トークイベント

イベント「使わず嫌いにさようなら」(金属編)

池袋にできた、食を見つめ直すスペース
「もうひとつのdaidokoro」 。
こちらで、「台所道具のお手入れ」の講義をいたします。
題して
「使わず嫌いにさようなら」(金属編)。

錆びそうだから、と、買ったけれど、しまいこんだ鉄のフライパン。
焦げ付いてしまって、そのままのホーロー鍋。
キレが悪いけれど、そのまま使っている包丁。

台所道具の半分以上は金属製。それらを快適に使うための
ヒントをお伝えする講座です。

会場:もうひとつのdaidokoro日時:6月15日(木) 
18:30 開場 19:00
料金:1,500円[税別]
http://peatix.com/event/263627

※ 6月15日〜30日は関連する道具の販売もいたします。


〒170–0013 東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 池袋5F
Tel: 03-6914-0588

http://daidokoro.wacca.tokyo/

FB: facebook.com/daidokoro.wacca
Instagram: instagram.com/daidokoro.wacca/


c0164708_19114528.png






[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-06-01 00:00 | 勉強会・トークイベント

砥部 ちゃわんやの会 東京展示会 @中野 モノ・モノ

c0164708_00330781.jpg



わたしが会社員時代に唯一、会社から出張に行かせてもらったのは
愛媛県の砥部でした。当時、出張は買い付け担当のバイヤーだけで
営業職の現地出張は基本なかったのですが、なぜか特別に行かせてもらいました。

会社(今は無き、松屋商事株式会社)は主に梅野精陶所のものを
扱っていました。梅野精陶所から届く荷物を開けると、壁紙のような
紙の中に、藁に包まれたうつわが入っていました。
あの包み方は、本当に独特でした。

その砥部焼の[砥部ちゃわんやの会]が、中野のモノ・モノで開かれます。
5月4日(木)〜14日(日)※5月7日(日)と5月8日(月)は休み
出展者は、工藤省治、中田正隆、芥川正明、岡田威、山田雅之の5名。

この会期中

売り手のための砥部焼セミナー2017年05月13日 (土)19:30 ~ 21:30(要予約)

の司会をさせていただくことになりました。


その他の時間は、砥部焼の販売会ですので、<砥部焼を買いたい>とか
おめあての作り手がいる方は、ゆっくり見るいい機会だと思います。

その他のイベント
<5月12日(金)19:00〜21:00>
「砥部焼・記録映画上映会」
予約不要 参加費500円(ワンドリンク付き)


<5月14日(日)11:30〜14:00>
「砥部焼で食べる民藝カレー」
(うんすけさんのカレー。限定25食)

.................................................... 

モノ・モノ  JR・地下鉄東西線 中野駅南口改札から徒歩3分〒164-0001 東京都中野区中野2-12-5 メゾンリラ104電話番号 03-3384-2652
11:00〜18:00


c0164708_12015056.jpg



c0164708_00332596.jpg






[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-04-22 00:00 | 勉強会・トークイベント

my first お椀 @空櫁(奈良)

奈良の空櫁さんで、<my first お椀>という企画展が開かれます。
そちらで、安比漆器工房の工藤さんと漆に関するお話会をいたします。

お話会は、地元のおりょうり<ひっつめ>付きです。

2月9日(木)〜19日(日) ~13(火)はお休みです~

熱いスープを啜るとき 唇に伝わる感触と温度。
するっとなめらかでトロけるような肌合い。
漆器はじめにはお椀がいい。毎日の汁椀を漆器にすれば
手に持って、口に触れてと漆の良さが存分に味わえるから。
しんしんと雪の降る岩手でコツコツ真面目に作られて堅牢な漆器 安比塗り。
伝統と現代の良いところを併せ持つ本物のお椀たちが空櫁に集います。

c0164708_00273285.jpg
c0164708_00272972.jpg
c0164708_00272787.jpg

空櫁   11:00〜17:00
〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1445-1
mail  soramitsu.shop@gmail.com
tel 080-6138-2957


c0164708_09513272.jpg


2月9日(木)10日(金)
漆塗り 実演 工藤理沙(安比塗漆器工房)

2月11日(土)お話会 <使う、洗う、仕舞う>
11時〜
15時〜
500円(郷土料理 ひっつみ汁付き)

漆ってどうやって使ったらいいのかしら…という方に
漆の扱い方をお伝えします。








[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-02-03 00:00 | 勉強会・トークイベント