人気ブログランキング |

2012年 07月 16日 ( 1 )

工藝風向 第4回企画展

風向展が始まって約1週間。
遅ればせながら、伺いました。
自分の名前が冠についているのに、申し訳ない…と
思いながら、ちょっと遠回りして、向かいました。

北上しながら向かった機上からはこんな風景も見られました。
どこの滑走路か…???
c0164708_0582183.jpg


九州を襲った大雨。福岡はそれほどではなかったようですが、
お客さん、友人の安否が気遣われます。
わたしの友人、知人からも「生まれて初めて生命の危険を感じた…」等の
メールが多く寄せられ、被害の少ないことを祈るばかりです。

風向さん。いつもながら、素敵なお店です。
c0164708_0592881.jpg

c0164708_133623.jpg


『うるしのたのしみ』ということで、漆のモノを中心に…と、いいつつ
つい欲張って、あれもこれも、のにぎやかな状態はいつものこと。
c0164708_1032962.jpg

c0164708_10352640.jpg



そして、漆ですが、今回は山中の漆工房大島さんのものも持って来ています。

山中は「加飾彫」と呼ばれる、刃物を使って、ロクロの作業の最中に
彫って模様を付ける高度な技術を持つ土地です。その技術をまとめるのが
大島さんの様な産地プロデューサーの役割。
プロデュースをして、各地域に売りに行く。その行商スタイルを
象徴するように、通産省時代の厳格な頃にGマークを取り、
クラフト展でも賞を取り、一方、京懐石の注文にも応じ(京懐石は
薄物で雅なものが好まれます)、お父様の代からは松本の有名な
民芸店のオリジナル品を作っていた…という幅広さです。


c0164708_10484685.jpg



福岡は漆に馴染みがない…と、聞いています。
ぜひ、お立ち寄りください。

週末には盛岡の田代淳さんによる漆継ぎ教室があります。
御自分で、割れたり、欠けた陶磁器を補修したいと思っている方は
ぜひ、ご参加ください。

ちなみに田代淳さんとは、彼女が岩手の安代の研修所にいて、
わたしが松屋商事で会社員をやっていた頃からの友達です。
横浜出身、青山のインテリアショップに勤務の後、漆の
修業を始めたセンスのいいがんばりやさんです。

 7/21(土)・7/22(日)
 各日11:00〜13:00(基礎編)15:00〜17:00(仕上編)
 基礎編・仕上編一回ごとに 3,650円
 会場:工藝風向の真上の「ギャラリーBIN」
 予約/問い合わせ:工藝風向
 福岡市中央区赤坂2-6-27
 092-716-5173

by utsuwa_cafe | 2012-07-16 01:03 | 【展示会情報】