工芸青花(神楽坂)

新潮社の出版する工芸誌「工芸青花」の運営するギャラリー「工芸青花」
「産地」に関する、展示会をいたします。

昨年、編集長の菅野さんから「青花のギャラリーで、何か企画しませんか」
と、ご連絡いただき、何回かメールのやり取りをしているうちに
「産地」という、キーワードが出てきました。

普段は、個人作家や骨董などを扱うことが多い「工芸青花」ですが、
ものづくりに密接に関わる「産地」を、青花の読者の方に、どんな風に
見ていただくか、考えるだけでも楽しいです。

ちまたでは「産地」が流行っていますが、流行りの源流を探っていければ、と
思っています。
c0164708_11565205.jpg

企画展:産地とは何か

会期|4月26・27・28・29日(木金土日)
   5月3・4・5・6日(木金土日)
   5月10・11・12・13日(木金土日)
時間|13-19時
会場|工芸青花
   東京都新宿区横寺町31-13 一水寮101(神楽坂)

c0164708_12121607.jpg
監修|日野明子


講座|日野明子|産地のいまとこれから
日時|4月28日(土)15−17時
会場|一水寮悠庵
   東京都新宿区横寺町31-13(神楽坂)
定員|25名
会費|3500円

https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=226


c0164708_11564627.jpg


c0164708_11564399.jpg




[PR]

by utsuwa_cafe | 2018-04-10 00:00 | 【展示会情報】

<< 「産地とはなにか」@工芸青花 近況 >>