d勉強の会[モノをつくること〜民藝と今のモノづくり]

 いろいろお世話になっているD&DEPARTMENT PROJECTさん。
 東京、大阪以外は各地で[D&Dをやりたい!]と手を上げた
会社が運営しています。

 昨年7月にオープンした沖縄店の正式名称は
[D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD]

OKINAWA STANDARDというのは、株式会社ミックスが主催し、
真喜志奈美さんが設計に携わった住宅プロジェクトの事。
c0164708_131230.jpg


ミックスは<ないものはない>と思える、インテリアショップ。

 今回は、真喜志さんのお声掛けで、沖縄と民藝の関わりなどの
勉強会に呼んでもらいました。

 ちなみに真喜志さんは、D&DEPARTMENT PROJECTの
LAUAN SHELVES
のデザイナーです。


 民藝を誰に語ってもらうか…ということですが、
毎年、展示会でお世話になり、毎回、話の面白さから
[いつか、この人の話を人前で聞きたい!]と密かに狙っていた
工藝風向の高木さんを推薦。快諾頂き、晴れて、同じ壇上に着きます。
c0164708_1543130.jpg



 高木さんの思慮深さは、文章からにじみ出ています。
(”考えていること”という、雑記の項目をめくると,どの文章も本当に面白い)


 高木さんの話だけでも絶対に面白いのに、大嶺實清さんも登壇。
 この時期、大嶺實清氏に師事した、井口工房 井口春治さんの展覧会も開催中。
c0164708_221488.jpg


 なんとも贅沢。
 いらっしゃれる方は、無理してでも行くべき!と、ごり押ししたいすごい企画です。




2013年1月27日(日) 14:00~17:30(13:30開場)
モノをつくること〜民藝と今のモノづくり

D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD
〒901-2201 沖縄県宜野湾市新城2-39-8 2F
電話・FAX: 098-894-2112
メール  :d-department-okinawa@mixlifestyle.com
営業時間 :11:30〜19:30
定休日  :水曜日
参加費 1,500円 

ロングライフな「もの・こと」をわかりやすくするd勉強の会。

今回沖縄店では、「モノをつくること〜民藝と今のモノづくり」を
テーマに、講師として、福岡で民藝店を営み柳宗悦と民藝運動について
研究活動を行っている髙木崇雄氏、ひとり問屋として各地を回り
D&DEPARTMENTのNIPPON VISIONスタート時を知る日野明子氏、
そして沖縄の陶芸界で独自の動きを続ける大嶺實清氏をお迎えして開催します。

みんげいという音を耳にすると、いわゆる観光みやげ品をイメージ
する方もいらっしゃるかもしれませんが、モノの見方やモノづくりの
視点から考えると違う面が見えてきます。広辞苑には「庶民の生活の
中から生まれた、郷土的な工芸。実用性と素朴な美とが愛好される。
民衆的工芸。大正末期、柳宗悦の造語。」とあります。

大正期に興った柳宗悦らの民藝運動。実は沖縄との関係が深いのです。
民藝と沖縄との関わりは?デザインはいつどこで民藝と結びつくのか?
前半は髙木氏、日野氏が、民藝と沖縄との関わりやD&DEPARTMENTで
扱っている商品の背景について、後半は、髙木氏、日野氏が聞き手と
なって、大嶺氏に沖縄の陶芸の歴史についてお話しを伺います。

c0164708_1483760.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2013-01-16 01:48 | 情報

<< ギフトショー/高岡地場産センター スターネット【生活道具展】終了 >>