大分県竹田市にて「TAKETAものづくり塾」

2月26日、27日に竹田市による「TAKETAものづくり塾」が二日連続で開催されます。
わたしは26日にお邪魔します。


2月26日(月)
10時〜12時
タイトル
「個人以上、産地未満な
ものづくりと関係づくり」

2月27日(火)はユナイテッドアローズ、サザビーリーグのバイヤーを歴任されている
安藤桃代さんによる
「選ぶことかうことからみる
ものづくりに求められること」

場所TSG 竹田総合学院
問い合わせ
竹田市 企画情報課 0974-63-4801

....................................................

勉強会は、竹田市の作り手対象ですが、
なお2月22日(木)〜25日(日)は
「たけた見本市」が、開催されています。
こちらは、入場無料で、販売会も兼ねています。


「たけた見本市」
R&S(旧馬場家具倉庫)大分県竹田市大字竹田町455
11時から17時

問い合わせ 
竹田市役所 企画情報課 0974-63-4801


....................................................

c0164708_11550112.jpg

c0164708_11585039.jpg
c0164708_12001819.jpg





[PR]

# by utsuwa_cafe | 2018-02-23 00:00 | 勉強会・トークイベント

NIPPON VISION MARKET @D&DEPARTMENT OKINAWA by okinawa standard


2018年02月21日(水) - 2018年03月19日(月)NIPPON VISION MARKET生活の中の道具ー問屋が巡って選んだ、良い道具
11:00〜19:30 (火曜日定休)
c0164708_18510245.jpg



が、沖縄・宜野湾のD&DEPARTMENTで開かれます。

生産者が直接販売をしたり、販売店が直接生産者とつながったり、といった販売形態が生じている昨今、
問屋の存在意義が、あらためて問われています。
 販売店に代わって良い品を見つける、作ることに精一杯で売ることにまで手が回らない生産者を
良いお店につなげる、双方のために活躍する、一人問屋の日野明子さん。一年中日本各地へ
足を運び、生産者と直接会って話す。時には売場に立って、お客さまとも直接話す。
どんな工場や工房があって、どんなものが作られているか、素材や技術のこと、何でも良く知っている。
そんな人が選んだものは、間違い無く確かな道具。暮らしを楽に、心地よいものにする物を探しに、
ぜひお出かけください。


....................................................
関連イベント(要予約)売る楽しみ、伝える楽しさイベント紹介ページには、販売スタッフ、と、して書いてありますが、新貝さんは、唯一無二の稀有の存在。本人は表に立ちたがらないので、今回は、新貝さんの話を聞ける、またとないレアチャンスです!2018年03月03日(土)  19:30-20:30(開場19:00)参加費:500円(ドリンク付き)定員:30名
ひとり問屋の日野明子さんと、日野さんと共に色んな場所で販売スタッフとして関わられている新貝友紀さんをお招きして、これからのお店の存在意義や、商品の売り方、伝え方に関して、現場主義のお二人に、お話して頂きます。



[PR]

# by utsuwa_cafe | 2018-01-31 00:00 | 【展示会情報】

安比塗をたのしむ・2@工藝風向 

2月6日(火) から 2月18日(日) まで









工藝風向さんから「漆の良さを、九州の人はまだまだ知らない」…と、

ご相談を受け、毎年、少しづつ、漆の作り手を紹介しています。


そして風向さんが言いました。

「漆を使う人を増やすには、漆を扱うお店に、漆を知ってもらわないと始まらない」と。


そんなことで、<お店>の人を対象にした、漆のセミナーを行います。

今回は岩手の安比塗漆器工房の豊原智美さんをゲストに迎え、

安比塗りを中心とした、漆の話をさせていただきます。


....................................................



今年も岩手県八幡平市・安比塗漆器工房の仕事を紹介いたします。

漆の椀でいただく温かいスープは目にもうれしく、口当たりは柔らかい。

そして使うほどに艶を増していく楽しさ。日々の食卓を支えてくれる良き友です。

毎日のお椀から晴れの日の重箱まで、安比塗漆器工房、そして工房で学んだ

漆塗りたちのうつわが、一同に揃います。ご覧いただき、身近に用いて

いただければ幸いです。


【関連企画】

「漆を扱いたいお店の方へ 配り手のための安比塗セミナー」

日時:213日(火)13:0015:00

講師 :豊原智美(安比塗漆器工房) 日野明子(クラフトバイヤー)

参加費:1000円(安比塗で食べるご飯とお味噌汁付き)

会場:工藝風向別室(福岡市中央区)

メールにてお問合せください。


漆器について、配り手側の視点から学ぶという「売り手のための」

勉強会です。浄法寺における漆の歴史や特徴、安比塗の活動概要を含め、

九州ではまだなじみの薄い岩手の漆について幅広く学びましょう。

漆器の取扱を検討しているお店の方と産地の作り手を結ぶ会でもあります。

講座の性質上、ギャラリー・ショップ経営者など流通関係の方、

また出版などメディア関係の方のご参加を優先させていただきます。

どうぞご了承ください。



場所 工藝風向〒810-0042 福岡市中央区赤坂2-6-27TEL:092-716-5173


c0164708_23434708.jpg
c0164708_23435184.jpg


[PR]

# by utsuwa_cafe | 2018-01-30 00:00 | 勉強会・トークイベント

handmadejapan.com

横山祐子さんにご紹介の文を書いてただきました。

光栄の至りです。


拙書<台所道具を一生ものにする手入れ術>もご紹介頂いています

ちなみに、わたしと横山さんが出会ったのは2002年のタイの仕事です。

横山祐子さんのサイト handmadejapan.com は、日本の工藝の貴重な資料で、とても興味深いです。

写真は2002年のジェトロのタイの仕事での記念撮影。
前髪がこのときはなかったようですね。
このバッグ、いいもの見つけた!と、欲しかったのだけど、
資料として、ジェトロに引き取られてしまったもの。

なつかしいですねぇ。

そのときのメンバーは、稲葉佳恵さん、横山祐子さん、黒田美津子さん、そしてわたし。
コーディネイターの北川原純也さんの声がけで集まったメンバーでした。
まぁ、豪華なこと。懐かしいです。


c0164708_19035845.jpg

[PR]

# by utsuwa_cafe | 2018-01-24 00:00 | 情報

 暮らしのうつわと道具をめぐる話(NHKカルチャー)

1/25(木)14:00~15:30
中野 モノ・モノにて、【暮らしのうつわと道具をめぐる話 】をいたします。

以下からお申し込みください。

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1087950.html

会場
モノ・モノ
東京都中野区中野2-12-5メゾンリラ104 
TEL:03-3384-2652
●現地集合・解散


暮らしを豊かにするうつわと道具。
それらの現場に行き、作り手に会うために、仕事を見つけています。
今回は、<ちょっと扱いずらい>と思われがちな漆器を中心に、
鉄器や、竹、ステンレスの道具などのお話を、作る現場の写真を交えて、お話いたします。
会場は、講師が大学時代の教授で、大いに影響を受けた秋岡芳夫さんが
つくった伝説の場所<モノ・モノ>です。


c0164708_13194924.jpg
c0164708_13194695.jpg



c0164708_06530704.jpg

[PR]

# by utsuwa_cafe | 2018-01-20 13:00 | 勉強会・トークイベント