日本の道具3(9月1日から10月1日@ LIVING MOTIF)始まりました。

日本の道具3 鍋からはじめる秋支度 9月1日(金)〜 10月1日(日)


六本木のリビング・モティーフさんで、3回目となる<日本の道具>が始まりました。
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 1F

 今年のテーマは<鍋からはじめる秋支度>。
 鉄鍋、土鍋、銅鍋。そして、鍋周りのものいろいろが、
山盛り集まっています。

◯出展作家
 安土草多
 稲葉直人
 大沼道行
 小笠原鋳造所
 長田佳子
 KITA WORKS
 conte
 柴田慶信商店
 下山普行
 千駄ヶ谷デザインオフィス
 鈴木努
 西石垣有里子
 廣瀬慎
 水野正美
 宮﨑珠太郎
 山本忠正
 弥生陶園

....................................................


 秋らしく、芒を飾って頂きました。

c0164708_23020602.jpg

c0164708_23011425.jpg
c0164708_23014502.jpg

c0164708_23041831.jpg

c0164708_23013279.jpg



c0164708_23013856.jpg

お待ちしております。
c0164708_11322755.jpg

トークイベントも開催いたします。

トークイベント「台所道具と秋支度」 日野明子 × minokamo 長尾明子
  • 日時:9月8日(金)19時半〜20時半 
    予約制:定員30名、参加費:1,000円

    日本の作り手に精通した日野明子さんと、産地や旬の食材を大切にしながら活動する料理家、minokamo長尾明子さんに、これから深まる秋に向けての秋支度についてお話ししていただきます。長尾さんによるおいしいご飯とおかずをつまみながら、楽しい秋の夜をお過ごしください。

    申込方法:
    メールにてお申し込みをお願いいたします。
    お名前、ご職業、参加人数をご記入の上お申し込みください。
    lm-info@axisinc.co.jp









[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-09-01 00:00 | 【展示会情報】

日本の道具3(9月1日から10月1日@ LIVING MOTIF)

六本木のリビング・モティーフさんで、ことしも<日本の道具>展を開きます。

日本の道具3 鍋からはじめる秋支度 

9月1日(金)〜 10月1日(日)

土鍋や鉄鍋、銅鍋、一言で鍋といっても種類や形は様々です。じっくり煮込む、さっと炒める、ふっくら焼く。用途にあったものを選び、それぞれの持ち味を知ることで素材の魅力を引き出し、料理の幅も広がります。鍋やフライパンのほか、あると便利なツールや食卓を彩る器も揃います。
実りの秋をいっそう楽しむための支度をはじめてみてはいかがでしょう。


LIVING MOTIF東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 1F

Tel. 03-3587-2784

11:00 - 19:00


c0164708_11322755.jpg

  • トークイベント「台所道具と秋支度」 日野明子 × minokamo 長尾明子

    日時:9月8日(金)19時半〜20時半 
    予約制:定員30名、参加費:1,000円

    日本の作り手に精通した日野明子さんと、産地や旬の食材を大切にしながら活動する料理家、minokamo長尾明子さんに、これから深まる秋に向けての秋支度についてお話ししていただきます。長尾さんによるおいしいご飯とおかずをつまみながら、楽しい秋の夜をお過ごしください。

    申込方法:
    メールにてお申し込みをお願いいたします。
    お名前、ご職業、参加人数をご記入の上お申し込みください。
    lm-info@axisinc.co.jp






[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-08-19 00:00 | 【展示会情報】

銀座・手仕事直売所2017

今年も銀座・手仕事直売所開催されます。

会期は、9月27日(水)〜10月2日(月)(最終日は午後5時閉場)です。

場所はいつもの銀座松屋 8階 イベントスクェアです。
 

c0164708_00075986.jpg

作家やクラフトマン、職人、デザイナーなどものづくりに一途な人たちがいます。暮らしを見つめ、使う人のことを考え、ふだんの生活のそばで10年後も輝く、普通でいて特別な魅力を追い求める。

こうして生まれた「手仕事」の品々を全国各地から集まった作り手が、お客様に直接説明して販売する「直売所」。9年目を迎えた今回は、新たな作り手を迎え、実演やワークショップ、イートインなども充実です。

【出展者一覧】































◆二日市

9月27日(水)/28日(木)

9月29日(金)/30(土)

10月1日(日)/2日(月)






[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-08-16 00:00 | 【展示会情報】

「使わず嫌いにさようならー木工編ー」@もうひとつのdaidokoro

6月につづき、池袋の<もうひとつのdaidokoro >さんで、
使い方レクチャーをいたします。

c0164708_01532682.jpg
                   ↑
                      安比塗漆器工房にて


「使わず嫌いにさようならー木製品編ー」です。今回は昼間の開催。

漆、おひつ、白木の弁当箱、オイル仕上げの木工品などの
長く使いこなす付き合い方を、ご説明します。
作り方などの映像を交えての講義なので、ものづくりに
興味のある方には、映像が楽しいと思います。

使いたい、でも、使い方がわからなくて、尻込みしている方はぜひ。

ご自身の<この使い方、合ってます?>といううつわや道具の
持ち込みの質問も受け付けます。


日時:8月12日(土)  14:45 開場 15:00 開演
定員:30名 料金:1,500円[税別]

もうひとつのdaidokoro」でのお食事は別料金、daidokoroの「一汁二菜」を販売予定。


会場 もうひとつのdaidokoro〒170–0013 東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 池袋5FTel: 03-6914-0588

c0164708_01482528.gif
c0164708_01584921.jpg

司製樽








[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-08-03 00:00 | 勉強会・トークイベント

小鹿田焼復興事業

7月5日の豪雨により、小鹿田焼の皿山も甚大な被害を受けました。
小鹿田焼の組合が復興事業支援金を募っております。
http://ontayaki.support

以下、引用いたします。

※ 数年前に訪ねた時の写真。
 この唐臼のコツン、コツンという音は<日本の音100選>にも
選ばれています。
c0164708_02445046.jpg
c0164708_02444634.jpg


c0164708_02404400.png

 平成29年7月5日に発生した北部九州豪雨により、

国指定重要無形文化財「小鹿田焼」は、

その原材料となる土を粉砕する唐臼(からうす)の損壊、

水路の破損、登り窯の周辺部や原土を採取する山の崩落など、

大きな被害を受けました。

 小鹿田焼は、宝永2年(1705)の開窯以来、明治時代末期まで

甕・鉢・壺などの農家の日常雑器を製造し、昭和6年には

民芸運動の指導者柳宗悦の来山により、その伝統的な技法と

質朴・雄勁な作調が賞揚され、昭和45年には国の記録作成等の

措置を講ずべき無形文化財に選択されました。

 以降、今日まで主な原料の確保から、製造や加工、伝統的用具による

製品製作に至る製作工程には、伝統的かつ地域的な技法が純粋に

継承されています。

 私たちは小鹿田焼協同組合では、本格的修理事業に向けて

現在準備を進めていますが、窯元は家族単位で構成され、

男子一人が窯を伝承する習慣が今なお続いており、

それぞれの力だけでは完全な復興までには相当な時間を

有すると危惧しております。

 つきましては、今回の水害に伴う復旧事業に留まらず、

これからも小鹿田焼を守り、将来へ伝えていくために、

皆様のご支援を募るため「小鹿田焼復興事業支援金」を

下記のとおり開設致します。皆様の温かいご支援・ご指導を

宜しくお願い申し上げます。


以下、支援の方法などは、HPへ。



[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-07-21 00:00 | 情報