starnet tokyoでの小さな展示会(3月11日〜26日)

毎年、お正月は益子のスターネットさんでお世話になっています。
今年は、東京展に巡回します。
東京展限定の品も、ほんのすこし、あります。


c0164708_19033611.jpg


小さな発表会 日野商店
-2017 春・暮らしの道具専門店-

会場:starnet tokyo

〒101-0031 東京都千代田区東神田1-3-9
tel.03-5809-3336
open.11:00~19:00


日時:2017.3.11 sat. − 3.26 sun. 11:00~19:00
*会期中休業日:3月13日(月)、20日(月)

春。
新しいことが始まる季節。
新たな場所で新たな暮らし。
これまでの暮らしにも、新しいものをひとつ。

どんな暮らしにも長く寄り添う道具を揃え
お待ちしております。





[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-03-07 19:00 | 【展示会情報】

APPI URUSHI WORKS (3月11日、12日)清澄白河

岩手県 八幡平市の安比塗漆器工房の販売会が、ゲリラ的に行われます。


2017年3月11日(土)12(日)

場所は、<ちんぷんかん東京>。東京都江東区清澄2-5-3
突如とあら現れた、中目黒のギャラリーSMLのプロデュースする
ギャラリースナックです。


2階では、安比塗漆器工房のスタッフが上京して、丁寧に作られた
安比塗漆器工房のうつわの展示販売をします。
c0164708_18073212.jpg

◯ 安比塗漆器工房とは?
安比とはどこか、というとスキー場の安比高原で有名な安比です。
市としては八幡平市で、漆の樹液で有名な浄法寺のある二戸市の
となりの市です。
浄法寺に隠れているようですが、実は、浄法寺の人も多くは
安比(安代地区なので、安代とも言います)の研修所を
終了した、安代出身者なのです。
安比の研修所は役場の敷地内にあるように行政の管轄です。
行政絡みの育成所だと<卒業してもこの街に住んでください>
と、期待されることが多いのですが、心の広いこの研修所は
<ここで育って、全国に漆を広めて欲しい>という考えなのです。
その併設機関として生まれたのが、安比塗漆器工房です。
浄法寺に隠れがちですが、自分たちで漆の樹液を精製し
(下地は中国産ですが、自分たちで漆を精製することにより、
漆と向き合っています、漆は地元産)丁寧に塗り重ねて
作っています。どれも素朴でいい漆です。


 以下、安比の展示会のために書いた文章です。

....................................................

 「漆は怖いですか?」というタイトルの企画をしたことがあります。実際、「傷つきそう」「高い」「どれがいいものなのか、わからない」など、言われる方も多いです。初めてのものに腰がひけるのは当然。まず、最初の一歩に、この安比塗はいかがでしょうか。

 一滴一滴、地道に採った貴重で高価な漆の樹液を、さらに塗っては研ぎ、塗っては研ぎ(なぜ、研ぐの?というご質問はごもっとも。漆の塗り重ねる時に次の漆の食いつきをよくするためなのです)、薄い塗膜を重ねていく地道な作業だからこそ生まれる、独特の質感。そして、何より、使い込むことでツヤが増し、どんどん<自分の漆>になっていく。

 漆の質感を楽しみ、触感を楽しみ、育っていく変化を楽しむ。これが、漆の醍醐味です。

 安比塗漆器工房の漆器は、漆の樹液の採取量全国一の岩手県で、30年以上塗師を育てている産地ならではの、ちょっと生真面目なうつわです。少しでも手が出しやすい価格にするため、下地は中国産の漆ですが、こちらも、自分たちで精製して、納得のいく下地です。仕上げの上塗りはもちろん地元産。

 「はじめの一歩」をぜひ、踏み出し、漆のある豊かさを味わってください。



c0164708_18365523.png


[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-03-07 18:00 | 【展示会情報】

あきこの部屋 再び(APPI URUSHI WORKS内にて)

場所は、<ちんぷんかん東京>  東京都江東区清澄2-5-3
APPI URUSHI WORKS内にて
2017年3月11日(土)12(日)


中目黒の楽しいうつわの店<SML>。
本業はグラフィックデザイン事務所ですが、企画毎に、
わくわくドキドキぐだぐだの飲み会を繰り広げてます。

その中の、隠れた名物企画<あきこの部屋>。

最初の発端は、SMLで日野が企画展を任された際、
グラフィックデザイン事務所の本領発揮で、顔出しパネルを作り
(この大判パネルを移動するために、レンタカーを借りてくれた…
本気度が違う。)、週末、<明子の部屋>とういスナック風
飲み会を開催。
なぜかウケにウケ、伝説と化しました。
c0164708_19171386.jpg

c0164708_18534748.jpg

その後、お米農家やまざきさんを応援する会(鬼怒川の欠壊の煽りを受け、
瀕死の状態でした)の際、SMLの宇野さんが、取り出したのは携帯。
携帯の登録をかたっぱしからめくり、<あきこ>を探しました。
そこには明子が二人、暁子が二人。
長尾暁子、佐藤暁子、白土暁子、そして日野明子。
この4人が再び、伝説を作るべく<あきこの部屋>のママとなったのでした。

c0164708_18484912.jpg
c0164708_18510759.jpg
c0164708_18510287.jpg
c0164708_18493353.jpg

そして、その<あきこの部屋>はさらなる伝説となり、忘れたころに
<あきこの部屋>行きたかった…と、言われること、片手に収まらず。

そして、この度、SMLが清澄白河にプロデュースする、
スナックギャラリー<ちんぷん館 tokyo>にて
<あきこの部屋>が再び、幕をあけることになりました。

<あきこの部屋>は夜だけですが、なんと朝からOPEN!
メニューはこちらです。

情報更新はフェイスブックにて。

3/11(土),12(日) 9:00-22:00
イベント3部制、ご予約は不要
場所 ちんぷんかん 東京  東京都江東区清澄2-5-3

c0164708_18073212.jpg
◯ 9:00-13:00(L.O.12:30)
朝 | ごはん同盟 さん   
朝がゆ | ごはんの美味しさを伝える「ごはん同盟」が"朝がゆ"をご用意します。素材の美味しさを漆器のお椀でいただく贅沢な朝をお楽しみください。
■鶏粥 800円具材は別盛り、一杯目は粥そのままで、二杯目に具材をあわせてお楽しみ頂きます。

◯ 13:00-17:00(L.O.16:30)
汁ものと珈琲 | 漆器の口当たりから感じる食の美味しさを、料理家の長尾明子によりお雑煮・お汁粉と、PARLOURとVIVA COFFEEによる珈琲でご体感ください。昼 | 長尾 明子(minokamo) さん
■お雑煮 500円■お汁粉 500円昼 | PARLOUR(八木美和子さん)3/11
珈琲と[ひと口菓子 500円昼 | VIVA COFFEE さん 3/12
昼 | PARLOUR(八木美和子さん)3/11■珈琲+ひと口菓子 500円昼 | VIVA COFFEE さん 3/12■ドリップコーヒー 500円■コーヒー豆 600円■お菓子(コーヒービーンズ w/チョコ)100円


◯ 18:00-22:00(L.O.21:30)
スナックあきこの部屋 | お酒と共にある漆器の宴を「あきこの部屋」がプロデュース。安比塗の魅力を、器と食とお酒のプロたちが賑やかに、そして楽しくご披露いたします。夜 | スナックあきこの部屋チケット制 @250円 (2枚から購入可)■お料理 一品 500円■お酒 お猪口一杯 250円(お猪口の大きさによって500円もあり)


c0164708_18370048.jpg









[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-03-07 00:00 | 【展示会情報】

料理通信4月号

料理通信 4月号 の第二特集キーワードは「台所」!日本の道具が愛おしい。

に協力しました。

依頼としては、

使っているうつわを紹介して欲しい、
使っている道具を紹介して欲しい、
それら(道具とうつわ)を使っている料理を紹介して欲しい

ということで、
うつわは漆、
道具は、
ゆかい社中そらぐみさんのおひつ
小野里奈さんデザインのステンレスボウルconte
(がっつり、企画に入っているからわかる、すごく、よい道具です)

を紹介しております。


最初は<え〜?料理?>と言っておりましたが、
とても、きもちよく、仕事ができました。

雑誌 料理通信 2017年 4月号  第一特集は<すてきなフランス惣菜>です。


c0164708_17504448.jpg
c0164708_17504642.jpg






[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-03-06 00:00 | 出版・掲載関係

RENEMIA @ 沖縄 道具展

生活道具展 vol.2

2017年2月13日(月)〜2月22日(水)
14:00〜19:00 <会期中無休>
那覇のレネミアさんで始まりました。

レネミアのキリッとした空間で、キリッと並んでいます。

ドアにはMIREIさんの直筆イラスト。嬉しいです。

営業時間  14:00〜19:00  展示会期中無休

〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-7-15  ゆいレール牧志駅徒歩2〜3分。   
TEL&FAX 098-866-2501
c0164708_01015593.jpg


c0164708_00523212.jpg
c0164708_00523536.jpg
c0164708_00521788.jpg
c0164708_00521412.jpg



[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-02-15 00:00 | 【展示会情報】