<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NO PROBLEM展(@GOOD DESIGN MARUNOUCHI)7月1日にトークイベント

『NO PROBLEM』とは、製品の製造過程で必ず生まれてしまう
B品と呼ばれる製品を「NO PROBLEM(問題なし!)」として
受け入れることを通して、今の日本におけるデザインと生活の
風通しをよくしようとするプロジェクトの展覧会が、
GOOD DESIGN MARUNOUCHIで開かれています。
http://visionglass.jp/np2017/

c0164708_06452675.jpg

こちらの7月1日のトークイベントにお招きいただきました。
呼んでくださったのは、このプロジェクトの発起人の一人の高橋孝治さん。
彼は学生時代から面白いことをしていたので、仕事はしていないのに
なんとなく、定期的に連絡を取り合っている間柄です。
6月17日のレセプションの際、打ち合わせがてら話をしたのですが
(会社含めて)20年以上の問屋生活からは、いろいろ、出てくる、出てくる。
実例のぶっちゃけ話になると思います。

◎ 2017/07/01 (土) 18:00〜 トークイベント 01「ものと向き合う」参加申込

「ものとの向き合い方」について、NO PROBLEMプロジェクトチームと日野 明子さんのトークイベントを 開催いたします。日野さんは、「消費者をやめて、愛用者になろう」の言葉でも知られる工業デザイナー、 故・秋岡芳夫氏に学びました。ひとり問屋として全国各地のものづくりの現場を訪ね、優れた納得のいくもの を仕入れ、小売店に卸し、作り手と売り手、使い手という「人」と「もの」をつなぐ仕事を続けています。


東京展
【会  期】2017年6月20日(火)〜7月17日(月・祝)
【開場時間】11:00-20:00 会期中無休
【会  場】GOOD DESIGN Marunouchi / 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
【主  催】NO PROBLEM プロジェクトチーム
【共  催】公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)


◎ 2017/07/14 (金) 19:00〜 トーク02「寛容なくらしとデザイン」参加申込

NO PROBLEM展は、使用にあたって問題ないのにもかかわらず、現状の流通では「B品」とされ世に出ない日用品を受け入れ、それを愛着をもって使う寛容さのある暮らしを示唆しています。

「わけあって、安い。」というコピーとともに登場した無印良品は、経済的なメリットだけでなく、その「寛容」の感覚を初めに社会に表明したブランドだったのではないでしょうか。


NO PROBLEM展トーク2では、株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室長を務める矢野直子氏をお招きし、無印良品の描いてきた生活像や「自然」というステートメントに込められたメッセージ、具体的な取り組みについてお話いただき、「寛容さのある暮らし」の実現に対してデザインができることを考えてみたいと思います。



◎ 2017/07/07 (金) 19:30〜 デザイナーのつどい 参加申込

7月7日(金)19時半より、デザイナーの限定でNO PROBLEM展を語り合う「NO PROBLEM展・デザイナー限定集会」を開催します。


性能・機能的には問題ないにもかかわらず、世の中に出ることのない「NO PROBLEM」な「B品」は、製品の製造過程で必ず生まれてしまうものです。

NO PROBLEMプロジェクトメンバーのお一人で、家具メーカーのプロダクトデザイナーである木下洋二郎氏にご参加いただき、

・「B品」の基準や、モノの価値観を変えることで、通常品と同様に受け入れることはできないのか?

・均一でないことを、画一的でないことをポジティブに捉える風潮がある一方、大量生産する工業製品において、不均一さ、不均質さが魅力となるためには、どうすればいいか?

というようなテーマについて、日々製品デザインに向き合うデザイナーだけで集まって、じっくり話してみませんか?NO PROBLEM展」についての感想も大歓迎です。

ビールなどご用意して、食べ飲みしながら、楽しく話せる場にしたいと思いますので、お気軽にご参加ください。


デザイナーや、デザインに関わる方で、NO PROBLEMプロジェクトに興味がある、また展覧会を見て意見交換したい、という方も、ぜひお気軽に参加ください。


こちらに、会場に関して、詳しく書かれています。
Webマガジン「AXIS」 |あなたはB級品を受け入れられますか。NO PROBLEM展が問いかける日用品の精度
[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-06-29 00:00 | 勉強会・トークイベント

もうひとつのdaidokoro さんで台所道具を販売しております

6月15日に<使わず嫌いにさようなら>のレクチャーをいたしました
池袋の<もうひとつのdaidokoro>さんで、レクチャーに関連した
台所道具を6月30日まで販売しております。

11時から17時は美味しいご飯がいただけます

 もう一つのdaidokoroさんのインスタグラムより
c0164708_23481733.jpg





c0164708_23411247.jpg
小泉誠さんデザインの琺瑯シリーズ<kaico>も販売しております。
c0164708_23405509.jpg

c0164708_23430598.jpg
小泉誠さんのHPより。







[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-06-23 00:00 | 【展示会情報】

料理通信での連載開始

料理通信さんで、連載をもたせていただくことになりました。
写真は拙書「うつわの手帖」(ラトルズ)の佐藤藍さん。
編集者さんが「うつわの手帖」を絶賛して下さり、文章も
その流れを汲んでいます。

毎月6日発売。
今月号は、<一汁一菜特集>。
毎号、美しい写真と美味しい情報で、楽しみです。

2017年7月号 定価: 1,008円(税込)

c0164708_10392698.jpg
c0164708_10471867.jpg

隣のページは、いつもお世話になっている、木村硝子店さんです。



[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-06-06 06:06 | 出版・掲載関係

イベント「使わず嫌いにさようなら」(金属編)

池袋にできた、食を見つめ直すスペース
「もうひとつのdaidokoro」 。
こちらで、「台所道具のお手入れ」の講義をいたします。
題して
「使わず嫌いにさようなら」(金属編)。

錆びそうだから、と、買ったけれど、しまいこんだ鉄のフライパン。
焦げ付いてしまって、そのままのホーロー鍋。
キレが悪いけれど、そのまま使っている包丁。

台所道具の半分以上は金属製。それらを快適に使うための
ヒントをお伝えする講座です。

会場:もうひとつのdaidokoro日時:6月15日(木) 
18:30 開場 19:00
料金:1,500円[税別]
http://peatix.com/event/263627

※ 6月15日〜30日は関連する道具の販売もいたします。


〒170–0013 東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 池袋5F
Tel: 03-6914-0588

http://daidokoro.wacca.tokyo/

FB: facebook.com/daidokoro.wacca
Instagram: instagram.com/daidokoro.wacca/


c0164708_19114528.png






[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-06-01 00:00 | 勉強会・トークイベント