<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LIVING MOTIF  日本の道具

六本木 リビング・モティーフさんで開かれている<日本の道具>展
後半戦、開始です。

c0164708_01014029.jpg


後半では、毎週末、以下のイベントが行われます
■ ワークショップの予約方法
ワークショップ、トークイベントに参加希望の方は、店頭またはお電話
(03-5575-8429 平日11:00〜19:00)にてお申し込みください。
定員に空きがある場合は当日も受付致します。参加費は当日お支払いください。


8月22日(土)〜23日(日) 稲藁工房ふらここ舎 東明美 わら筆作り 

 12:00〜、14:00〜、16:00〜

[予約制:各回5名 ¥3,000 所要時間:約1時間半]
1944年東京生まれ。1996年から「稲藁工房ふらここ舎」としてわら筆づくりをはじめる。
◎藁から“みご(稈心)”を選り分けるところからわら筆を作ります。



8月29日(土) 髙田耕造商店 棕櫚束子作り 

13:00〜17:00 [先着順:1名ずつ 所要時間約20分]

うつわにやさしい束子作り ¥1,000 / 紀州産棕櫚束子作り ¥3,000
1948年創業。地元では途絶えてしまった国産棕櫚(しゅろ)を復活すべく2010年紀州棕櫚山再生プロジェクトを開始。やわらかく人にも自然にもやさしい束子を一つ一つ職人が巻き上げます。
◎専用のたわし製造のマシンで、束子を巻く作業をしていただきます。



8月30日(日) 
日野トーク 「自然素材の台所道具の扱いと、製造の四方山話」
16:00〜17:00 [予約制:定員20名、無料]
足しげく産地に赴き、問屋の役割を果たしつつ地場産業のアドバイザーも務める日野明子氏。昨年“現場の様子を熟知した人間”ということで編集者からご指名で「ニッポンの台所道具と手入れ術」(誠文堂新光社)を上梓。トークイベントでは台所道具の素材の特性に合わせたお手入れ方法や、ものづくりに関してお話しして頂きます。

※ ミニ箒づくりの様子
c0164708_23464099.jpg

c0164708_23464664.jpg
展示はバナーが効いています。
c0164708_23470360.jpg









[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-08-29 00:00 | 【展示会情報】

「刃物の木屋」トークイベント(江戸前卵焼つき)8月27日 @下北沢 B&B

c0164708_08403083.jpg
ついに今週の 8/27 (木)20時〜 下北沢の「本屋B&B」にて、
日本橋木屋 ごはんと暮らしの道具(二見書房)刊行記念の
江戸前の玉子焼き付き! 
c0164708_00524907.jpg
二見書房さんのツイートより https://twitter.com/futami_books/media 

c0164708_00525216.jpg
二見書房さんのツイートより https://twitter.com/futami_books/media

のイベントを開催。
こちらの司会をいたします。
http://bookandbeer.com/event/20150827_nihonbashikiya/

1700円(江戸前の玉子焼き付き)+1drink 500円

お話し頂くのは木屋の石田部長。
<台所道具を一生ものにする手入れ術>の際に、わたしもまな板の事を
お教え頂いた、経験豊かな方です。
NHK文化センターなどでも教えていらっしゃる方です。
特に、包丁の歴史と使い方のことを重点的に教えてらっしゃるそうなので、
そのあたり、しっかり聞きたいと思います。


本の中にも載っている「こだわりの江戸前卵焼」をおつまみとして、
おつけ致します。

B&B
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-12-4
第2マツヤビル2F
【TEL】03-6450-8272

木屋さん秘蔵の貴重な握り鋏も御持ち頂けるかも…です。

c0164708_00525745.jpg
c0164708_00525516.jpg




[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-08-25 00:00 | 勉強会・トークイベント

本屋B&B での木屋さんインタビュー(8月27日)

8/27 (木)20時〜 下北沢の「本屋B&B」にて、
日本橋木屋 ごはんと暮らしの道具(二見書房)刊行記念の
江戸前の玉子焼き付き! 
のイベントを開催。
こちらの司会をいたします。

http://bookandbeer.com/event/20150827_nihonbashikiya/

1700円(江戸前の玉子焼き付き)+1drink 500円

お話し頂くのは木屋の石田部長。
<台所道具を一生ものにする手入れ術>の際に、わたしもまな板の事を
お教え頂いた、経験豊かな方です。
c0164708_10201036.jpg


今年5月に刊行された『日本橋木屋 ごはんと暮らしの道具』(二見書房)は、刃物をはじめ、日本人が暮らしの中で使う道具を取り扱う老舗、日本橋木屋さん監修のもと、何千年、何百年と使われ続けてきた日本の台所道具71点にまつわるならわし、道具と関りの深い四季の行事、メンテナンス法などについて美しい写真とイラストで紹介している本です
【プロフィール】
・石田克由(いしだ・かつよし)
株式会社木屋 企画総務部長。1945年4月 神奈川県生まれ。1969年4月 株式会社木屋 入社。営業で北は北海道から南は九州まで、ほぼ全国を回る。現在は大学の公開講座や文化センターで、庖丁の歴史、食材との相性、正しい研ぎ方に関する講習を定期的に行っている。
http://www.kiya-hamono.co.jp/


[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-08-07 00:00 | 勉強会・トークイベント

山形エクセレントデザイン2015募集案内

山形県工業技術センター主催でデザイン縁組(デザ縁)に参加してきました。
c0164708_00065291.jpg
c0164708_00104422.jpg

そして、この山形で、山形エクセレントデザイン2015を募集しています。

c0164708_00065615.png

応募について

応募締切:平成27年9月18日(金)

【募集対象】 過去5年以内に、県内で企画・開発・生産され、販売されている又は平成27年12月までに販売予定の製品及び商品。〈BtoB(法人顧客)製品を含みます。過去選定外品をリニューアルした製品の再応募も可能です。〉

【応募資格】 ●応募製品を開発・製造した県内企業及び個人とします。/●当該製品の企画・開発が県内で行われたものであれば、製品にかかわるデザイナーの所在については問いません。/●複数の企業で構成されたグループによる製品の場合、県外企業との共同開発による製品でもかまいません。

【応募方法】 所定の「応募申込書」に必要事項を記入し、応募製品の写真(A4サイズ以内)を同封の上、事務局まで郵送するか、「応募申込書」をホームページ(http://www.yamagatanodesign.jp)からダウンロードの上、製品写真とともにデータを電子メールで送付する方法により応募してください。なお、写真は返却しません。 ●応募手数料:無料/●募集期間:平成27年7月13日(月)~9月18日(金)/●提出先:山形デザインコンペティション実行委員会事務局(山形県工業技術センター内)あて *応募者には、応募申込書受理後に「出品製品貼付カード」を送付します。

【製品の搬入】 審査は搬入された製品(現物)で行うことを原則とします。ただし、搬入が困難な装置、機器等は、A1判パネル2枚以内にまとめて提出してください。 ●搬入期日:平成27年10月26日(月)~28日(水)の3日間/●場所:山形県工業技術センター/●方法:委託搬入、直接搬入のいずれでも可能ですが、委託搬入の経費は応募者の負担となります。




[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-08-05 08:05 | 情報

日本の道具 自然素材を生かしたものづくり 

六本木 リビング・モティーフさんで8月1日(土)〜30日(日)(13日〜15日はお盆休み)
開かれている
「日本の道具 自然素材を生かしたものづくり」展。

第一週は久保一幸さんによる実演でした。
c0164708_02025643.jpg



第二週は中津箒さんによる豆箒づくりのワークショップです。
※ 写真はわたしが参加した際の講師、吉田慎二さん。
当日は、横畠梨絵さんが講師です。
c0164708_02002719.jpg

8日(土)・9日(日)  
12:00〜 、14:00〜 、16:00〜
[予約制:各回4名 ¥2,000 所要時間:約1時間  店頭またはお電話(03-5575-8429 平日11:00〜19:00)で、お申込みください。
c0164708_02022574.jpg


リビング・モティーフ
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル B1F, 1F, 2F
Tel. 1F:03-3587-2784 

[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-08-03 00:00 | 【展示会情報】