<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本の道具 自然素材を生かしたものづくり

 インテリアショップの老舗、六本木のリビング・モティーフさんで
企画展を開催します。
 
「日本の道具 自然素材を生かしたものづくり」
c0164708_01014029.jpg

 期間:8月1日(土)〜8月30日(日) リビング・モティーフ1F 
 ※お盆休み:8月13〜15日は休業。

 力が入り、毎週末、実演やワークショップがあります。

■ ワークショップの予約方法
ワークショップ、トークイベントに参加希望の方は、店頭またはお電話
(03-5575-8429 平日11:00〜19:00)にてお申し込みください。
定員に空きがある場合は当日も受付致します。参加費は当日お支払いください。
  • 8月1日(土)〜2日(日) 久保一幸 竹籠実演  13:00〜17:00

    1969年大阪生まれ。会社勤務を経て一念発起し、別府職業訓練校 竹工芸科を卒業。野々下一幸氏に師事したのち1997年に独立。現在も大分から竹を仕入れ、丁寧なものづくりを続けています。
    ◎基本的な編み方や、竹ひごづくりを実演いたします。 ※ こちらは見学だけです。

    8月8日(土)〜9日(日) 中津箒 豆箒作り 

    12:00〜 、14:00〜 、16:00〜

    [予約制:各回4名 ¥2,000 所要時間:約1時間]
    原材料(ホウキモロコシ)を無農薬有機栽培で育てるところから箒作りに取り組み、かつて日本中で使われていた箒と文化を残そうと活動しています。
    ◎細かな場所の掃除に便利な15㎝ほどの豆箒を作ります。


    •  8月22日(土)〜23日(日) 稲藁工房ふらここ舎 東明美 わら筆作り 

       12:00〜、14:00〜、16:00〜

      [予約制:各回5名 ¥3,000 所要時間:約1時間半]
      1944年東京生まれ。1996年から「稲藁工房ふらここ舎」としてわら筆づくりをはじめる。
      ◎藁から“みご(稈心)”を選り分けるところからわら筆を作ります。

      8月29日(土) 髙田耕造商店 棕櫚束子作り 

      13:00〜17:00 [先着順:1名ずつ 所要時間約20分]

      うつわにやさしい束子作り ¥1,000 / 紀州産棕櫚束子作り ¥3,000
      1948年創業。地元では途絶えてしまった国産棕櫚(しゅろ)を復活すべく2010年紀州棕櫚山再生プロジェクトを開始。やわらかく人にも自然にもやさしい束子を一つ一つ職人が巻き上げます。
      ◎専用のたわし製造のマシンで、束子を巻く作業をしていただきます。





      8月30日(日) 
      日野トーク 「自然素材の台所道具の扱いと、製造の四方山話」
      16:00〜17:00 [予約制:定員20名、無料]
      足しげく産地に赴き、問屋の役割を果たしつつ地場産業のアドバイザーも務める日野明子氏。昨年“現場の様子を熟知した人間”ということで編集者からご指名で「ニッポンの台所道具と手入れ術」(誠文堂新光社)を上梓。トークイベントでは台所道具の素材の特性に合わせたお手入れ方法や、ものづくりに関してお話しして頂きます。

      c0164708_01014834.jpg
      c0164708_01014668.jpg


 大学を卒業して、松屋商事(1998年解散)の営業として
通ったリビング・モティーフさんにて、このような機会を
得られるのは、感慨深いものがあります。

[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-07-28 00:00 | 【展示会情報】

工藝風向展 

あっというまに7年目の工藝風向さんの展覧会

〒810-0042 福岡市中央区赤坂2-6-27
TEL:092-716-5173
営業時間:11:00-19:30

今年のテーマは「生まれる」でもあり、「漆づくし」でもあります。

今年、新登場。
輪島で修行して、現在、茨城県の気持ちよい工房で制作されている
小林慎二さん。
気持ちよく、漆を塗っているのが伝わる器たちです。
c0164708_00545953.jpg


岩手県の八幡平市の安代では、昭和58年から、人を育てています。
安代漆器工房の工房オリジナルの器も増えました。
c0164708_00543687.jpg
c0164708_00552653.jpg
マークはこの地域の家庭で使われて続けている片口がマーク。

c0164708_00553416.jpg
ちなみに、この片口は、浄法寺のお宅にあったもの。

c0164708_01003293.jpg

この安代で研修を受けて、独立した田代淳さん。
漆を難しく考えさせない脱力系の動物絵皿。
c0164708_00563611.jpg
c0164708_00562906.jpg


昨年のDMを飾った漆掻きの猪狩史幸さんももちろん来ています。
c0164708_01032140.jpg
c0164708_01043925.jpg

もちろん、「漆の殿堂」滴生舎のうつわも来ています。

c0164708_01100979.jpg

おまちしております。








[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-07-20 00:00 | 【展示会情報】

盛岡 「てくり」さん主催のお話会勉強会

なにかとお世話になっている、盛岡のまちの編集室「てくり」さん。


てくりさん主催で、お話会勉強会いたします。


7月23日(木)

1830分~20時頃

開催は歴史ある岩手県公会堂です。(公会堂16号室

※ なんと、この日、「けもの」さんが公会堂でライブしています。

※ この時期、アウトバウンドの小林さんの企画も盛岡でやってます。


タイトルは勇ましく「おしえて!日野さん」。

業界話をせよ、との指令。

話すことは今から決めますが、ドリンク(わたしはビールを飲めるようです)

を飲みながらのラフなトーク会です。

ドリンク付 1000円

info@tekuri.net

へ「日野トーク希望」として、お名前、連絡先電話番号をお知らせください。

とのことです。


前回は<日野商店>開催しましたが、今回は手ぶらで飲みに伺います〜。






[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-07-19 00:00 | 勉強会・トークイベント

工藝風向展 7回目

福岡の工藝風向さんでの展示会が今日から始まります。
早いもので、もう7回目。

7月 16日(木)から 26日(日)まで

 会期中無休 営業時間:11:00-19:30

 日野在店 17・18・19・26日

〒810-0042 福岡市中央区赤坂2-6-27 TEL:092-716-5173



今年も素敵な文章を書いてくださいました。


「ひとり問屋」日野明子さんが全国を走り回って集めてくれた、たくさんの仕事が届く季節となりました。今年のテーマは「育てる」。漆や箒といった道具たちが、いかに作られ、また今後も作り続けられる為には、どのように素材や作り手、そして僕ら配り手や使い手が育っていけばいいのか。日野さんから現地の状況を聞き、また皆で話しあえたらと願います。

日野さんの元気が届きます。お越しをお待ちしております。


漆の樹液を採って、自分で塗る、猪狩史幸さん。

c0164708_11351629.jpg

一度、無くなりかけた地場産業の箒を、草を無農薬で育て、人も育てている、中津箒。

c0164708_11362909.jpg

c0164708_11343344.jpg


漆を自ら精製して(くろめて)、美しい漆を作る、小林慎二さん。

c0164708_11331349.jpg
c0164708_11330035.jpg

昭和58年から、若い作り手を何人も育てている、岩手の安代の安比塗工房。

福島の相馬から別府に越して来て、今、新たな土地で、新たな生き方を始めた、亀田大介さん。

c0164708_11372618.jpg
※別府のストリートアート。この影は亀田夫妻です。

c0164708_11372147.jpg





たくさんの作り手が集まります。

ぜひ、お立ち寄りください。

__________________________



[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-07-16 00:00 | 【展示会情報】

d SCHOOL「わかりやすい漆」-日本の漆器を考える-

工藝風向さんでの企画展の際、福岡に伺います。
丁度、タイミングよく、D&DEPARTMENT FUKUOKAで
岩手・浄法寺:滴生舎のうつわの展示開催中なので、以下の
勉強会を講師:日野、司会:工藝風向の髙木さんでいたします。


d SCHOOL「わかりやすい漆」-日本の漆器を考える-
7月18日(土)17:00〜19:00
D&DEPARTMENT FUKUOKA 
2,000円(先行予約 ※当日2500円) 

※お電話もしくは店頭での受付も可能です。

お問い合わせ:福岡店(092-432-4432)


1、日本の漆・中国の漆について
国産の漆の大半は岩手県の浄法寺で採れます。なぜ、国産が優れていると言われるのか。中国産でも美しい漆器が作れる実例を挙げながら漆のことを使い方も踏まえて、考えていきます。

2、岩手の漆について
漆といえば、まず輪島、と言われましたが、近年、岩手の漆業界が元気です。国産漆が注目されるのとともに、二戸市の漆掻き(漆を採る)職人の養成、八幡平市の漆の塗師(ぬし)の養成のシステムがきちんと機能しているからです。人を育てることで、産業の基礎を作る岩手の漆産業の現状を考えます。


3 「盛りつける、食べる、洗う」を実践

漆の産出、作り手の養成とともに、岩手県が積極的に行っているのが、漆のうつわレンタル。今回は、浄法寺と安代の漆器を使い、実際にみなさまに食して頂き、洗うところまで実践して頂きます。同じ岩手の漆でありながら、作り手が違う漆器の使い比べが出来る贅沢で貴重な機会です。


[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-07-02 00:00 | 勉強会・トークイベント