<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第2回 わののわ〜杜の都のうつわのチカラのわ

2012年11月3日、4日に第2回わののわが開催されます!
c0164708_12441542.jpg


今年も仙台に来てくださる作家さん、ショップさんがたくさんです。
一年ぶりの再会ができるのもとても楽しみです。
ご来場の皆さまも、作り手の方、商品に深く関わっている方のお話を
聞ける素敵な機会を、ぜひお楽しみくださいませ!

■ 開催場所/日時
日時 11月3日(10時~18時) 11月4日(10時~17時)
会場 「藁の家」 仙台市太白区秋保町長袋菅刈山15
c0164708_12443675.jpg


出展者/イベント

■ Tohokuとうほく
今回から宮城県を中心とする東北の出展が大幅に増えることになりました。そこでわののわの中で「Tohokuとうほく」というカテゴリーを設け、うつわはもちろんのこと、フード、音楽など多彩なゲストをお招きしております!
少しずつですが元気を取り戻しつつある被災地で、わののわへの参加をきっかけにもっと楽しいことや嬉しいことが増えて行くことを願いつつ…。
まずは、主催、出展する私たち自身が楽しくならないと、いらっしゃってくださるお客様に楽しさは伝わらない!と思っております。
今回から気持ちも新たにチームとうほくもがんばります!
この度快く参加をお引き受けくださった東北の出展者の皆さま本当にありがとうございます!
○福島県浜通り
夜の森茶道会席 堀内富子社中 警戒区域内富岡町夜の森有志によるお茶会。亀田大介さん(震災前まで浪江町で作陶)のお茶碗をお使いいただきます。まめいちさん(仙台市)の和菓子と共に。

○石巻市
薫陶土(うつわ) うつろひカフェ+茶ろんもも(おいしいもの) spica(おいしいもの) キエ(ポストカード等) nayuta + ORB dadadubi + Tacca いろのみ Coupie(おんがく)

○風土市(東北各地からのセレクト)/主催wasanbon
上杉農園樹の下/黒川郡大郷町(おいしいもの) 三浦農園/名取市(おいしいもの) ゑみし窯/角田市(うつわ)  ピースジャム/気仙沼市(おいしいもの)etc…

○仙台市泉区
つむぎ(うつわ)
・遠藤翔(山形市・木工)
・及川静香(栃木県益子町・陶)
・小澤基晴(岐阜県土岐市・陶)
・折原慎一(仙台市・陶)
・加藤恵津子(さいたま市・陶)
・加藤かずみ(東京都八王子市・陶)
・後藤義国(栃木県茂木町・陶)
・今野安健(山形県鶴岡市・陶)
・鈴木史子(愛知県豊橋市・陶)
・関口憲孝(岩手県紫波町・陶)
・田鶴浜守人(愛知県半田市・陶)
・蝶野秀紀(広島市・漆)

totomaぱん(おいしいもの)

○仙台市太白区秋保
海馬ガラス工房(うつわ)

※それぞれの参加者の地域の区分は、現在の所在地ではない場合もございます。
参加者の方のつながりの深い地域で括らせていただきました。
■ 東北以外のうつわの出展者の方々

○作家
イイホシユミコ(東京都・磁)
奥村紳介(京都府炭山・陶)
亀田大介(神奈川県秦野市・陶)*
郡司庸久・慶子(栃木県足尾・陶)*
斎藤幸代(兵庫県淡路島)*
スタジオバンナ(北海道旭川・陶)
JICON磁今(佐賀県有田町・磁)
高橋工芸(北海道旭川・木工)*
手の長いおじさんPROJECT*

○ショップ
eats and crafts(東京都・うつわ)*
スタジオ木瓜(東京都・うつわ/道具)*
野口品物準備室(東京都・道具)*

○作家/笠間市
會澤さとみ(陶)
桑原哲夫(陶/磁)
桑原典子(磁)
近藤文(陶)
酒井敦志之(陶)
シモヤユミコ(陶)
鈴木美汐(陶)
砂山ちひろ(磁)
額賀章夫(陶)*
沼野秀章(陶)
船串篤司(陶)
馬目隆広(陶)*
森永篤史(陶)
山崎さおり(陶)
*現時点での在廊予定の方々です。変更の場合もございますのでご了承くださいませ。

_________________________
以下、イベントです。
お申し込みは、わののわのHPからお願いいたします!


わののわフードフォト教室 講師:木村文吾氏(Photographer)
わののわの写真はもちろんのこと、広告や雑誌の撮影などで「食まわり」の写真を数多く手がけている木村氏。
食の産地や背景、関わる人々への温かいまなざしを感じることのできる写真には定評があります。
http://www.facebook.com/kimurabungo
今回は食とは切っても切れない関係のうつわとともに、美味しい写真のヒントを教えていただきます。
お気に入りのうつわと美味しいお食事と写真を、秋保の自然の中で楽しんでみませんか。
(ランチ・ドリンク付き 教室で撮影した写真を、ポストカードサイズの作品に仕上げます。)

会期 2012年11/3(土)11/4(日) 
時間 11:30~13:30(両日とも)
参加費 ¥4,200(ランチ、ドリンク、ポストカードサイズ作品作成代金含む)
持ち物 普段使用されているデジタルカメラ 撮影したいうつわ(7寸程度の平皿でランチプレートを作成致します。その他にもカップやマグなどお気に入りのうつわをお持ちください。)※当日お買い求めいただいたうつわでも構いません。
定員 20名(両日とも)※ご予約制
内容 数種のお惣菜(フルタヨウコ/HOME.)やパン(Comado)、お菓子やフルーツなどを、お持ちいただいたお皿に盛りつけランチプレートを作成し、撮影していただきます。食材の盛りつけ方からプロの視点でお教えいたします。

わののわ食堂 フルタヨウコ(HOME.)
展覧会やイベント、書籍、webなどで、企画や編集、執筆を手がける一方で、料理家としての活動を開始。現在は「洗足カフェ(毎週木曜日)」「クラウドカフェ(毎週月、火曜日)」「DOWNTHE STAIRS(毎月第1、第3水曜日)」、「クラシコム」の社員食堂でのランチなどを手がける他、ジャムの製作や書籍などへのレシピ提供、料理教室などを行っている。
http://home-home.jp
今回わののわではご予約制の食堂を開店していただきます。
地元の旬で安心なおいしい食材を使用した、特製コースランチをご用意。(前菜・メイン・デザート・ドリンク)
お気に入りのうつわにお料理を盛り付け、うつわとお食事の楽しみ方をご提案いただきます。
わののわならではの「食堂」をお楽しみくださいませ。

会期 2012年11/3(土)11/4(日) 
時間 1回目/11:00~12:30 2回目/13:00~14:00 3回目/15:00~16:30(※11/4は3回目は開催いたしません。)
参加費 ¥2,000(前菜・メイン・デザート・ドリンク)
定員 一回6名様 ※ご予約制
※こちらで準備するお好きなうつわをお選びいただき、お料理を盛り付けます。ご自宅からお持ちいただいたお気に入りのうつわや、当日お求めいただいたうつわを使用することも可能です。(7寸程度の平皿、小皿、スープカップ、お椀、マグなど。)
■ ご予約不要のイベント

夜の森茶道会席 堀内富子社中
警戒区域内富岡町夜の森有志によるお茶会。亀田大介さん(震災前まで浪江町で作陶)のお茶碗をお使いいただきます。まめいちさん(仙台市)の和菓子と共に。

開催日時:11/3(土)11時~15時
nayuta + ORB dadadubi + Taccaライブ
開催日時:11/3(土)14時~15時半

nayuta
http://coupieyukki.blogspot.jp/2012/06/nayuta.html

ORB
http://coupieyukki.blogspot.jp/2012/06/orb.html

dadadubi
cobi(guitar/voice)とnao.k(voice)の2人によるユニット。
2009年秋より仙台を拠点に活動。dadadubiにしかでき ないことって何だろう?をコンセプトにアコースティックギターと声による新しい表現、独自の音空間を模索中。響き合うギターの音の波に声が重なり、空間をせつなく、やさしく包みます。

tacca
旅を続ける事にしたたまに絵と詩を書く写真家 心地よさ至上主義 チベタンベル奏者
いろのみ Coupie ライブ
開催日時:11/4(日)15時~16時半

Coupie
http://www.ryoondo-tea.jp/artist/coupie.html http://coupieyukki.blogspot.jp/2012/06/coupie.html

いろのみ
http://www.ryoondo-tea.jp/artist/ironomi.html http://ironomi.com/
カサマハロー笠間市の陶芸家によるウクレレライブー
開催日時:
11/3(土)16時~16時半
11/4(日)14時~14時半
金継相談室
金継を検討しているうつわをお持ちください。金継にかかる金額や期間、ご自分で金継したい方などのご相談をお受けいたします。

開催日時:11/3(土)10時~17時
子ども陶芸教室(自然乾燥粘土使用 小学生までのお子様対象です。)
開催日時:11/3(土)11/4(日)11時~16時まで随時受け付け 参加費1人700円(粘土400g)
ベルギーフード屋台(萱森有希:シャン・ドゥ・ソレイユ)
開催日時:11/3(土)11/4(日)11時~16時まで
サンドウィッチラリー
お好きなパンとお好きな具材で自分だけのお気に入りサンドウィッチをお召し上がりください。

開催日時:11/3(土)11/4(日)11時~16時まで
c0164708_1245390.jpg
c0164708_12445562.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-10-25 12:45 | わののわ

高岡クラフトコンペ+高岡クラフト市場街

富山県高岡市の大和百貨店で26回目の高岡クラフトコンペ
開かれています。
昨日、その表彰式が行われました。
普通、表彰式というと、差し障りのない感謝の言葉と
激励の言葉が交わされるだけですが、今回の表彰式は違いました。

以下、本人の言葉のママではありませんが
(わたしが受け取った)要旨。

高岡クラフトコンペはコンテンポラリークラフトと
ファクトリークラフトの二部門があります。
c0164708_20423594.jpg

まずはコンテンポラリークラフトのグランプリ受賞者
大桃さんによる受賞のことば。

数年前、応募したが落選して、そのまま出せずにいたが
前回、同じく金工作家の主人が入選したのをきっかけに
高岡に展覧会を見に来ました。その際、大和のメイン会場だけでなく
街で開かれている連動イベント<作家のひきだし>展をみて、
「絶対に、わたしも今度は入選して、仲間に入りたいと思ったんです」。

この一言に、高岡の人々は皆、「やっていて良かった」と
心底思った。
わたしは思いがけず、目頭が熱くなった。
それだけでなく
「わたしは新潟で制作をしており、近くに燕三条と
いう金属の街があります。今は、本当に元気がないけれど、
この地場産業のお父さんたちのお陰でわたしはモノづくりが
続けられています」。

この一言も高岡銅器の産地としては自分たちに重ね合わせて、
胸を熱くしていました。

 そして、次にファクトリークラフトのグランプリ。
こちらは企画:テキスタイルの安井未星さん、制作は株式会社道具、
デザインは道具の社員の尾崎くん。
道具社長が話し始める。
「高岡の銅器の工場として活動していても、クラフトコンペの
事は、高岡伝統産業青年会に入るまで、知りませんでした。
入ってからは<何か出品しろ>と言われたけれど、(下請けとして
指示されるままに作っていた我々は、オリジナルでなんて)何を
作って良いか解りませんでした。そんなんで、出しても落選。裏方として
我々はずっと、壁の花でした。しかし、数年前、金沢の美大で鋳金を
勉強していた尾崎くんが、”鋳物をやるなら高岡”と入社してくれました。
そして、今年から、制作をしたい人と製造者を結びつける企画が始まり、
発案の安井さんの依頼を尾崎がかたちにして、会社が作り上げました。
今まで<何を作って良いか解らない>と思っていたけれど
<我々は作れるんだ>といことが解りました。そして、この賞をもらえ
本当に嬉しいです」

応募間際に道具社長は体調を崩し、結果、応募後入院をしてしまいました。
しかしぎりぎりまで仕上げをし、最終的にグランプリを勝ち取ったのです。
審査に立ち会った人間としては「地元からグランプリが出て良かった」
と、思っただけだったけれど、受賞した側から、こんな言葉を聞き、
今回の賞の意味を改めて感じたのです。
※入院+ダイエットで道具社長、ハンサム度が増しました。

 いつも、高岡クラフトコンペには地元の高岡銅器、高岡漆器の
伝統産業青年会の面々が全面的にバックアップしてくれます。
ただでさえ、自分たちの仕事が忙しいのに、本当に頭が下がる思いだけど
つい審査員として「地元からの出品が少なすぎる」と愚痴を言っておりました。
まさか作り手側に、道具社長のような気持ちがあったことは気づきも
しなかったのです。

受賞パーティーで何度も
「今日の受賞コメント、本当に良かった」
「誰か録音していなかったのか」
という言葉が交わされました。


____________________

前述の「高岡伝統産業青年会」。
忙しいのに、「高岡クラフト市場街」と「高岡クラフツーリズモ」
やってのけています。

こちら、市場街バッジ。3色はなかなか揃わないので、威張って付けてました。
c0164708_2144844.jpg

こちら、授賞式にて。
c0164708_2154532.jpg

数カ所で行われた「作家のひきだし」展。
c0164708_2145690.jpg

c0164708_2144749.jpg

c0164708_2143846.jpg

クラフツーリズモの出陣(@hanedajun から写真は拝借)
c0164708_2142932.jpg


クラフトコンペ会場は、川原隆邦くんの渾身の高岡透かし地図入り。
c0164708_2141499.jpg


こちら<高岡クラフト市場街>のマップ。おしゃれな店がたくさんあって
びっくりです。
c0164708_214156.jpg


充実の高岡。ますます面白いです。

100人が二次会に出て、三次会は50人!
c0164708_215541.jpg


→ 高岡伝統産業青年会
  羽田純→この人のセンスと焚き付けは大きい!
[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-10-07 21:16 | 【展示会情報】

仙台 第2回 うつわのチカラのわ〜わののわ〜

わののわが再び開催されます!

開場は広々と<秋保>です。
第2回「杜の都のうつわのチカラのわ(わののわ)
日時:2012年 11月3日(土・祝)4日(日)
場所:秋保 藁の家


c0164708_10253191.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-10-02 10:26 | わののわ