<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6/28「のんべえ春秋」出版記念トークイベント

随筆家木村衣有子さんの出版レーベル、
木村半次郎商店から「のんべえ春秋」の
発売を記念して、SPBSにて以下のイベントが行われます。
SPBSは東急本店(bunkamura)を代々木公園に向かって
暫く歩く、ちょっと通な感じのエリアにある、こだわりの
本屋さん。なかなか面白いセレクトなのです。
時々<labo>と称してのイベントを開いてますが、
木村衣有子さんのイベントに、お邪魔するかたちです。

定員は50人。結構多いので、まだ席はある様です。
予約はSPBSの会員登録後になります。

以下、SPBSのブログより_______________

テーマは“酒のうつわ”。
ゲストは木村衣有子さんご本人と、
日本各地を飛び回り、直接現場に触れてからものを
買付けるという一人問屋の日野明子さん。
日本酒、焼酎、ワイン、ビールなど、お酒の種類は
たくさんありますが、さて、それにぴったりの
“うつわ”とは一体何なのでしょうか。

今回のイベントでは、木村さん、日野さんが見つけた
うつわの写真や現物を見ながら、お気に入りの酒器に
ついておはなしいただきます。

また、当日は参加されたみなさんの、お気に入りの
うつわもご紹介させていただきます。

お酒好きのかたはもちろん、うつわやものづくりに
興味がある方にも、お聞き頂きたいトークです。
ぜひお立ち寄りください。


■日 時 2012年6月28日(木)20:00-21:30(開場19:30)
■ゲスト 木村衣有子さん(随筆家)、日野明子さん(一人問屋)
■会 場 SHIBUYA BOOKSELLERS
■定員 50名
■料 金 お一人様 1,500円(ドリンク付き)

※ご自慢の“酒のうつわ”をお持ちの方は、当日お持ち
いただけましたらイベントでご紹介させていただきます。
ガラスでも、陶器でも、なにかのノベルティでも…
どんなものでも大丈夫です。みなさまのうつわをお待ちしております。
(お借りするうつわは責任をもってお預かりし、当日ご返却致します)
■参加資格 SPBS会員様と、そのお連れ様1名様
■お申し込み 以下のフォームよりお申し込み下さい。http://www.shibuyabooks.net/commerce/special/lab.cgi

☆「のんべえ春秋」はこちら!
http://www.shibuyabooks.net/commerce/store/items/detail.cgi?sid=31453

_____________________
持って行く器は吟味中。

その1 辻和美さん1999年。ナノリウムでの個展で
購入したグラス。
c0164708_138170.jpg


その2 京都 浜地雄二さんの極薄、超軽盃。
c0164708_139741.jpg


その3 うつわの手帖1にも載せた 淡島雅吉さんのグラス、箱入り。
c0164708_12452290.jpg



7/10追記

無事に終了いたしました。
木村さんとはもっといろいろお話したいなぁ、と思いました。

来場者へのお詫びは「ドリンク付き=水」だったこと。
早合点、ごめんなさい。
[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-06-25 01:44

『住む。』42号 2012年[夏]日用品図鑑 

『住む。』42号 2012年[夏](発行:泰文館)が発売されました。

こちらにどどんと15ページにわたり
『厳選・日用品図鑑』を担当いたしました。
c0164708_23215425.jpg


写真は雨宮秀也さん。
撮影場所は雨宮さん宅。
使っているものと新品が混在している上、
新品はそのあと、編集長に買い取られたり
お買い上げされ、撮影場所にそのまま居座ったり…と
選びんだ甲斐があった選品でした。

そして、雑誌だけに留まらず、クラスカ ショップ+ギャラリーDO
たまプラーザ店とパルコ店
でも販売されることになり、
面白い展開となりました。

6/23(土)14:00~ はたまプラーザ店でDOディレクターの
大熊健郎さんとのトークイベント。
『日野の仕事、そして日用品について』が、お題目です。



クラスカ ギャラリー&ショップ ドー たまプラーザ店
2012年6月23日(土) ~ 7月16日(月・祝) 10:00-20:00
横浜市青葉区美しが丘1−7 東急百貨店たまプラーザ店 2階
TEL. 045-903-2082


クラスカ ギャラリー&ショップ ドー 渋谷パルコ店
2012年7月27日(金) ~ 8月12日(日) 10:00-21:00
東京都渋谷区宇田川町15−1 渋谷パルコ パート1 B1階
TEL. 03-5456-2833


※ 掲載品がすべて販売されている訳ではありません。
  掲載品の関連商品も並びます。
c0164708_23321861.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-06-21 23:32 | 出版・掲載関係

『住む。』42号 + クラスカ「厳選・日用品図鑑」展

『住む。』42号(泰文館、2012 6月21日発売)にて
 16ページにわたり「厳選・日用品図鑑」を担当いたします。
写真は雨宮秀也さんが撮ってくださりました。
 雨宮さんのお宅での撮影でしたが、もってらっしゃるものが
いいものばかりなので「私(日野)が物を持ってこなくても
雨宮家の物で、『日用品図鑑』が出来る」と、思わず
言ってしまいました。(が、撮影したのはちゃんと選んだものです)

 「住む。」の編集長の山田さんも雨宮さんもモノは
さんざん見ている人なのに、撮影品を気に入ってくださり
その場でいくつか売れたのが嬉しかったです。

 さて、この発売に併せて、クラスカ ギャラリー&ショップ ドー
『たまプラーザ店』と『渋谷パルコ店』で販売会を行います。


クラスカ ギャラリー&ショップ ドー たまプラーザ店
2012年6月23日(土) ~ 7月16日(月・祝) 10:00-20:00
横浜市青葉区美しが丘1−7 東急百貨店たまプラーザ店 2階
TEL. 045-903-2082


クラスカ ギャラリー&ショップ ドー 渋谷パルコ店
2012年7月27日(金) ~ 8月12日(日) 10:00-21:00
東京都渋谷区宇田川町15−1 渋谷パルコ パート1 B1階
TEL. 03-5456-2833


「せっかくイベントだから、何かやりましょう」と言われ
まさか担ぎ出されるとは思わなかったのですが、
俎の上の鯉になってしまいました。

トークショー:
「日野明子さんの仕事、そして日用品について」
6月23日(土) 14:00から ドーたまプラーザ店にて
日野明子 × 大熊健郎(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)
参加無料 要予約 → でも、当日でも空いてますよ、きっと(日野:注)
(ドーたまプラーザ店 店頭およびお電話にて。 045-903-2082 まで)

_________________________

掲載品、全ての販売ではないのが申し訳ありませんが
掲載品の色違い、シリーズ展開などもあります。

ご来場、お待ちしております。
c0164708_9575965.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-06-16 10:00 | 【展示会情報】

のんべえ春秋出版記念トークイベント

 随筆家木村衣有子さんの出版レーベル、木村半次郎商店から「のんべえ春秋」の発売を記念して開かれるトークイベントにお邪魔します。

 場所は、意思のある、働き者の本屋さん、日曜日は22時まで、
他は24時まで毎日、元気にやっているSPBS


 テーマは“酒のうつわ”。
「楽しい会にしたいんですよね」という、スタッフさんの問いかけに応え
「じゃぁ、参加者の方にもうつわを持って来てもらいましょうか?」と
話がまとまりました。
 呑むのが大好きな木村さん。
 斜から覗いた文章が、妙にこきみよい。会話はスパッスパっとしています。
 本の中では語りきれないうつわに対する思いが聞き出せるのか???
 ドリンク付きってことは、壇上の人間も呑んで良いってことでしょう???
 どんな会になるか、楽しみです。


■日 時 2012年6月28日(木)20:00-21:30(開場19:30)
■ゲスト 木村衣有子さん(随筆家)、日野明子(一人問屋)
■会 場 SHIBUYA BOOKSELLERS
■定員 50名
■料 金 お一人様 1,500円(ドリンク付き)


■お申し込み 以下のフォームよりお申し込み下さい。http://www.shibuyabooks.net/commerce/special/lab.cgi
c0164708_91715.jpg

(画像は、木村さんのHPから拝借しました。もの食う本も、面白いです!
あぁ、この本、こんな風に食べ物のことを書かれていたんだ…と何冊も、
自分の本棚を見返してしまいました)
[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-06-02 09:21

山下眞喜さん個展

6/5まで銀座松屋7階 遊びのギャラリー
山下眞喜展さんが個展を開かれています。
(最終日は17時閉場)

フラスコでの酒のうつわ展ではごくごくわずかしか
ご紹介出来ませんでしたが、今回はご本人もいらして
色々、お話が伺えます。
c0164708_0511910.jpg
c0164708_051986.jpg
c0164708_051036.jpg



お母様のご実家が呉服屋さんだったとのこと。
お着物が本当に素敵でした。
c0164708_0501044.jpg


以下、松屋のHPより。

岐阜県 可児市にて作陶生活をする、女流陶芸家の山下眞喜。
焼き物の文化は、もとより食文化の伝統を踏まえ、そこに少しの心づかいを持つことで、たとえ贅沢な材料を使わなくても、生きていることの喜びや生きる証を感ずることができるはず、との信念を持って制作にあたっています。
料理をつくりたいと行動を起こさせる器、花を入れたいと手に取る花器など、食や生活を豊かに受け止める、シンプルで美しいカタチの器が揃います。
[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-06-02 00:53 | 【展示会情報】