カテゴリ:出版・掲載関係( 39 )

Brutus No. 795 つぎのひと

本日発売のマガジンハウス Brutus No. 795
『次は誰? 明日を切り開く人物カタログ。』 
にて「つぎのひと」を、紹介しています。

c0164708_23150639.jpg
c0164708_23150219.jpg


[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-02-15 00:00 | 出版・掲載関係

ESSE 3月号

ESSE 3月号 に、
暮らしを楽しむ豊かな節約術
に、台所道具の手入れ術をご紹介しております。

c0164708_23313238.jpg
c0164708_23321051.jpg


[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-02-06 00:00 | 出版・掲載関係

なごみ 2月号「おもてなし優品」連載第二回

1/28発売の淡交社【なごみ】2月号。
 
「おもてなし優品」連載第二回。

モノのストーリーではなく
あくあでもモノを使ったおもてなし」の
仕方を書いています。
c0164708_23174025.jpg

c0164708_23172947.jpg



[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-01-28 00:00 | 出版・掲載関係

giorni 3月号

実業之友社【giorni】3月号
特集は、「好きなうつわがあると幸せ」。
にて
「うつわのおさらい帖」を担当しております。
c0164708_23351355.jpg
c0164708_23370436.jpg


[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-01-20 00:00 | 出版・掲載関係

「なごみ」での連載開始

淡交社発行の[なごみ]
2015年一月号より、「おもてなし優品」というテーマで連載が始まります。
 茶道の月刊誌ですが、面白い記事・連載が多く、こちらに
関わらせて頂くことは、とても嬉しいです。
 
 と、喜んでいましたが、いつもの調子で「作り手の面白さ、
作る苦労、産地の様子」などを書いていたら、担当者に戸惑った声で
「テーマは”おもてなし”ですから…」と言われてしまいました。
 どうにかこうにか仕立てた文章で燕、和田助製作所の「ダストパン」をご紹介しました。
 なんと、お隣は木村衣有子さん!
c0164708_09371356.jpg

特別付録の手帖はとても使いやすいです。


c0164708_09371016.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-12-15 09:38 | 出版・掲載関係

地域開発11月号

地域開発No.602 2014.11の特集は
[クリエイティビティを追及する地場産業・伝統工芸]

こちらに、寄稿いたしました。
大学の先生やら、官公庁の所員の方などに混ざって書いております。
束は薄そうに見えますが、内容はボリューム満点。

一冊830円+送料
こちらから、購入出来ます。

c0164708_09215919.jpg







[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-10-30 23:59 | 出版・掲載関係

天然生活 2014年12月号

天然生活12月号は台所特集。

こちらに「使い込むほど、味が出る、台所道具を育てるお手入れ
というコーナーを監修させて頂きました。

「台所道具を一生ものにする手入れ術」を解りやすく、一覧表にして掲載。
本には掲載していない素材も載っています。
イラストで描かれていて、ぱっと見て比較出来て、重宝します。

c0164708_09271726.jpg
c0164708_09233367.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-10-20 00:00 | 出版・掲載関係

BRUTUS 強い酒、考える酒

2014年9月15日号 BRUTUS 「強い酒、考える酒」に
グラスを紹介しました。

淡島雅吉さんの<しずくグラス>。
酒は、ハンガリーの養命酒とも言える<UNICUM>。
他のプロのページに紹介されていたのは、奇遇。

c0164708_16284268.jpg

c0164708_16275927.jpg

c0164708_16285985.jpg

c0164708_16282084.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-09-15 00:00 | 出版・掲載関係

台所道具を一生ものにする手入れ術: 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力

久々の単行本を執筆いたしました。
タイトルは、長いです。

台所道具を一生ものにする手入れ術: 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力
  
 誠文堂新光社より6月10日発行。
税込み1728円。
すでに、amazonやら、楽天ブックスやらで、予約も出来る様です。

撮影      有賀傑   金子睦
デザイン    高橋克治(eats&crafts)
編集      土田由佳
誠文堂新光社の至田玲子さんが、がっつり良いチームを組んでくださいました。

 アイテムで言うと、鍋、窯、うつわなど。
 素材で言うと、木・漆、金属、陶磁器、竹、ガラス、布。
 これらの扱い方を、作り手に伺いながら、素材の性質なども
ねちっこく書いた本です。

 書きつつ、書いている本人も勉強になりました。

教えて頂いた皆様は以下の25人。(敬称略)

川端健夫ー白木の器
株式会社木屋さまーまな板
柴田慶信商店さまー曲げわっぱ
照宝さまー中華蒸篭
ゆかい社中そらぐみさまー桶細工のおひつ
滴生舎さまー漆の器
喜八工房ー拭き漆の器
田代淳ー金継ぎ
井山三希子ー粉引・白マットの器
安藤雅信ー銀彩の器
山本忠正ー土鍋
一陽窯ー備前焼の器
成田理俊ー鍛鉄のフライパン
及源鋳造ー南部鉄器
山田工業所ー中華鍋
生活春秋ーアルミ鍋(無水鍋)
和田助製作所ーステンレス鍋
水野正美ー銅の鍋
野田琺瑯ー琺瑯の鍋
omoto 鈴木康人ー鋼の包丁
TAjiKAーステンレスのキッチンばさみ
ラッキーウッドーシルバーのカトラリー
久保一幸ー竹の籠
木村硝子店ーグラス
fogーリネンのキッチンクロス

実際の体験談の取材もしました。
夏椿・恵藤文さん
ごはん屋ヒバリ・タナカセイコさん



c0164708_0255751.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-05-26 00:24 | 出版・掲載関係

明日の友(益子案内)

明日の友 209号にて益子案内しております。

表紙に名前を入れて頂きましたが、蒼々たる面々が連なり
いささか恐縮しております。

取材はまだ肌寒い季節でしたが、大好きな益子を<取材>という
かたちで回るのは新鮮でした。


写真は小宮山圭さん。
地図はヤマグチカヨさん。
雑誌自体は、諸先輩方を対象としたものでしたが、
この記事は若いメンバーとの仕事でした。


c0164708_1142490.jpg



出版は歴史ある<婦人の友>社。
事務所は遠藤新のクラシカルな建物。
となりはもちろん、自由学園。

編集の山下さんから、自由学園の美しい桜の写真が届きました。

c0164708_11463670.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-04-04 11:47 | 出版・掲載関係