カテゴリ:勉強会・トークイベント( 41 )

d SCHOOL わかりやすい「竹製品」(7月31日開催)

d47 design travel storeでの勉強会もすでに4回目。
今回は「竹」です。
竹籠、竹へら、竹箸、竹のカトラリーなど。
しぶい生活の脇役である竹のことを勉強します。


会 期 2014年7月31日(木)
時 間20:00 - 21:30
場 所d47 design travel store
料 金1,500円 (当日現金にてお支払いください)
事前申込要


■お申し込み方法
ご参加頂くには事前予約が必要となります。

●d47 design travel store店頭・電話(03-6427-2301)でのお申し込み
下記項目をお知らせ下さい。
1)お名前
2)お電話番号
3)メールアドレス
[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-07-29 03:06 | 勉強会・トークイベント

トークライブイベント 『長く使う道具と、長く続く店のひみつ』

文筆家の木村衣有子さんの近著「銀座ウェストのひみつ」。
木村さんは「ビジネス書として書いたけど、なかなかそう思われない」と
言われていますが、地場産業と親密に仕事をするプロダクトデザイナーの
大治将典さんは、自分が仕事している工場にビジネス書として配ったと言います。
その哲学は尊く、電車の中で、ほろりと涙したページもありました。
その木村さんに話を聞く機会を持てました。

トークライブイベント『長く使う道具と、長く続く店のひみつ』

『銀座ウエストのひみつ』(京阪神エルマガジン社)著者 木村衣有子
                                          × 
『台所道具を一生ものにする手入れ術』(誠文堂新光社)著者  日野明子

2014年7月30日(水)
19:00開場  19:30開演
場所 Paper Back Cafe (アトレヴィ東中野3F) 定員 30名
参加費 800円(税込) ワンドリンク付き
予約制 7/15(火)より予約受付
店頭。またはお電話にて   03-5937-2590

以前から親交のあるお二人。近著で25人の作り手に「台所道具を使い込んでいく魅力」の話を聞いた日野明子さんは、老舗洋菓子店「銀座ウエスト」の社長、工場長、従業員にインタビューして一冊にまとめた木村衣有子さんに、聞きたいことがたくさんあるといいます。
聞き手のプロ、日野明子さんが、どんなお話を引き出して下さるか、乞うご期待!

また、「リーフパイ」を一つ一つ手作りしている「銀座ウエスト」の真摯な企業哲学と、「台所道具」を手入れしながら一生ものにしていく、という一見別世界のことのように見えて、実は根本的な部分には共通した理念があるのではないか、という興味深いテーマにも迫ります。

使い捨ての生活、量産されるモノに疑問を感じている方、大切に使い続けることに興味のある方、実際の方法を知りたい方、必聴です。
[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-07-29 03:00 | 勉強会・トークイベント

d SCHOOL わかりやすい「ガラス」

渋谷のヒカリエ8階 d47 design travel storeで、春から始まった、
素材を探求する。d SCHOOL。
6月は わかりやすい「ガラス」 です。



会 期 2014年6月27日(金)
時 間20:00 - 21:30
場 所d47 design travel store
料 金1,500円 (当日現金にてお支払いください)
事前申込要
●d47 design travel store店頭・電話(03-6427-2301)でのお申し込み
下記項目をお知らせ下さい。
1)お名前
2)お電話番号
3)メールアドレス

_________________

なんと、今回は、木村硝子店さまのご協力により
薄造りのコンパクトシリーズのグラスで、ビールを飲みながらの勉強会です!

写真は、同じく木村硝子店の「パスタシリーズ特製 留め切子」です。

c0164708_2354162.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-06-16 23:54 | 勉強会・トークイベント

ものゼミ@ d47design travel store

D&DEPRTEMENT PROJECTのd47design travel storeで
ものゼミ>という勉強会を開きます。
講師ではありますが、これをきっかけにこちらも猛勉強中。


日時  2014年4月24日(木)
時間  20:00〜21:30
場所  d47 design travel store 渋谷ヒカリエ8階
参加費
1,500円(当日現金にてお支払いください) 
定員
15名
主催:d47 design travel store(D&DEPARTMENT PROJECT)
協力:スタジオ木瓜
お問い合わせ:d47 design travel store(03-6427-2301)

c0164708_13425939.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-04-14 13:42 | 勉強会・トークイベント

瑞浪市窯業技術研究所

瑞浪市窯業技術研究所にて
『選ばれるもの、残っていくもの』というテーマで講義を行いました。
好きなテーマ…と、思ったものの、いざ、窯業の一大産地、美濃の
窯業関係者に話すとなると肩に力が入りました。

[選ばれ、残って行くためには愛情と根性が必要]です。
売れない、と思っていたものでも、誰か別の人は求めているかもしれません。
あなたの倉庫の棚でホコリをかぶっているものの中にも
選ばれ、残って行くものはあるかもしれませんよ。

というのが話したかったことです。

瑞浪の工場も見学させて頂き、受講生と交流会も出来、
講義もしつつ、勉強にもなりました。

c0164708_22172665.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-03-25 22:16 | 勉強会・トークイベント

d school @D&D OKINAWA〈モノをみつけだす〉

「モノを見つけ出す」

D&DEPARTMENT OKINAWAにて、沖縄の工芸品を探し出している
ゆいまーる株式会社の鈴木修司さんと勉強会を開きます。

日時 2013年12月21日(土)  19:45~21:15 (開場19:15)
場所 D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD
参加費 無料 
定員 30名
主催:D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD
協力:日野明子、鈴木修司
お問い合わせ:沖縄店(098-894-2112)

 出張先で、作り手にいやがられながらも、埃まみれの品物を取り出し、
モノを探している様子と作っている本人が知らなかった魅力を引き出す面白さ、
などをご説明いたします。

なんど、同じ日は鈴木稔さんのワークショップもあります!


c0164708_0105643.jpg
c0164708_0104861.jpg
c0164708_019925.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2013-12-19 00:00 | 勉強会・トークイベント

シンポジウム(大阪 12月9日)

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市経済・地域政策研究分野
という長く、難しそうな大学からお誘いがあり、シンポジウムの
コーディネーターをいたします。入場無料


主催    大阪市立大学 創造都市研究科 都市経済・地域政策研究分野
       担当 立見淳哉准教授

日時 2013年 12月9日(月)18:30〜21:00

会場  
大阪駅前第2ビル6階 大阪市立大学文化交流センター大ホール
http://www.gscc-uep.jp/link.html#access

「地場でのモノづくりと都市での対等な動き」

プログラム
18時30分〜40分   主催者による趣旨説明 
18時40分〜19時40分 現場からの報告 (パネリスト各15分)
休憩
19時50分〜20時50分 パネルディスカッション
20時50分〜21時   質疑応答

司会 立見淳哉 大阪市立大学創造都市研究科准教授
コーディネーター 日野明子

パネリスト
大熊健郎( クラスカ ギャラリー&ショップ ドー ディレクター)http://www.claska.com/en/gallery/index.html
大治将典(Oji&Design デザイナー)  http://www.o-ji.jp
高田耕造商店 高田大輔(作りて及びコーディネーター)http://takada1948.jp


【問い合わせ先】̶
大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市経済・地域政策研究分野
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
TEL:06-6605-3507 FAX:06-6605-3488
ホームページhttp://www.gscc-uep.jp/

c0164708_14444628.jpg


c0164708_14463889.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2013-12-01 00:00 | 勉強会・トークイベント

山形芸術工科大学

11月は文化月間。

11月9日(土)は山形芸術工科大学の工芸コースの担当で1時間半の講義です。

c0164708_20322977.jpg


「工芸の展望」
日時:9日(土)13:00~14:30
会場:本館1階ラウンジ
講師:日野明子(studio BOKE)

「卒業生からのメッセージ」
日時:9日(土)15:00~17:00
会場:本館1階ラウンジ
出演:中村彩子(漆芸)/中田雄一(陶芸)/石橋浩樹(金工)/渡辺沙月(テキスタイル)

企画:東北芸術工科大学芸術学部美術科工芸コース/テキスタイルコース


◎素材の展望2013<作品展示>

会期:2013年11月9日(土)~16日(土)
時間:10:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:東北芸術工科大学 本館7階ギャラリー(山形市上桜田3-4-5)

◎クラフトフェア2013―テトテノマルシェ―<展示販売>

東北芸術工科大学開学22年を迎え、山形で育んだ卒業生も17期に及び、様々なシーンで活躍する姿も年々増しています。工芸・テキスタイルの手づくりから生まれる魅力を皆様に手にしてもらいたいと願い、今回の販売企画を実施致します。日常に使えるものを中心に300点以上の作品を陳列販売いたします。
会期:2013年11月9日(土)~16日(土)
時間:10:00~19:00
会場:東北芸術工科大学 本館1階エントランスギャラリー
[PR]

by utsuwa_cafe | 2013-11-03 20:33 | 勉強会・トークイベント

笠間窯業指導所

こんなこともやっています。
実はもう4年目ぐらいです。

地場産業のプロ(共通認識がある人たち)には話をする機会が
ちょくちょくあるけれど、これから旅立つ若者たちへの講義は
責任重大、、、、
人に話をするのは難しい、、、、

c0164708_23481292.jpg

[PR]

by utsuwa_cafe | 2013-10-03 23:50 | 勉強会・トークイベント

第二回   変わる 「産地とデザイン会議」

第2回   変わる 「産地とデザイン会議」

テーマ : 流通とプロデュース

にもパネラーとして、参加しましt。

開催日
2013年 9月 14日 (土)   開催時間  13:00 - 19:00

会場
AXIS GALLERY
東京都港区 六本木5丁目 17-1  アクシスビル4F

問題提議
影山 和則(埼玉県産業技術総合センター)


パネラー
大熊 健郎(CLASKA Gallery & Shop "DO")
桐本 泰一(輪島キリモト・桐本木工所 代表)
小泉 誠(家具デザイナ−)
ナガオカケンメイ(デザイン活動家)
能作 克治(株式会社能作)
日野 明子(スタジオ木瓜 代表)


司会進行

萩原 修(デザインディレクター)

主催
変わる「産地とデザイン」会議実行委員会 


以下、HPより。
....................................................

テーマ : 流通とプロデュース


 昨年2012年9月、影山和則著『ものが生まれる産地 ものを輝かせるデザイン』の出版に合わせ、六本木AXISで『変わる「産地とデザイン」会議』を行いました。日本のものづくりやデザインについて、多くの人がさまざまな立場で問題を抱え、それについて考えるきっかけにしようと行ったのですが、思った以上にたくさんの反応があり、会議には100人を超える方々にお集まりいただきました。長い時間でしたが会場は熱気に包まれ、話し合うべき多くの課題も見えてきました。


 そして、この秋。まだ1年しか経っていないのに、「産地とデザイン」の関係は大きく変化しています。中国、アジア諸国に凌駕されている日本のものづくり。大手メーカーとその周辺企業のように海外に生産拠点を移す選択肢のない国内の伝統産地、地場産地の小さなメーカーは、どのように生産活動を維持していけばいいのでしょうか。
 一方、デザインする人たちは、はたして産地を意識しているでしょうか。産地というより、互いが理解しやすい相手をそれぞれ探しあてて、ものづくりをする傾向が強くなっていると思われます。もはや、産地の歴史的背景や技術は重要でなくなっているのでしょうか。


 今年の会議のテーマは、「流通とプロデュース」です。メーカーとデザイナーがいれば、それなりにものはつくれますが、売ることをどう考えるかで結果が違ってきます。できたものを売るという発想ではなく、どう伝えていくかを考えながらものをつくっていくことがますます求められているようです。そして、誰がプロジェクト全体を客観的に眺め、方向性を決めていくのか。メーカーの社長なのか?デザイナーなのか?外部のプロデューサーなのか?正解がない中で、プロジェクトのあり方を模索する動きが進んでいるようです。


会議では、『ものが生まれる産地 ものを輝かせるデザイン』で示した年表をさらに発展させ、この変化について解説することから始めます。日本の産地は、良くも悪くも日々変わっていきます。何がどのくらい変わったのか、感覚的なものではなく、できるだけ具体的に示そうと考えています。


パネラーは以下の通りです。パネラーの話を一方的に聞くのではなく、参加者が意見交換できるような進行を予定しています。結論をだす場ではありません。メーカー、デザイナー、バイヤー、ショップ、メディア、行政、支援組織など、それぞれの立場から利害関係を越えて正直に話をして、さまざまな立場の人の話に素直に耳を傾けることから、多くの「気づき」が生まれる場になることを期待しています。
[PR]

by utsuwa_cafe | 2013-09-15 00:00 | 勉強会・トークイベント