10月21日(土)「食べながら学ぶ漆器のイロハ」@中野・モノ・モノ

今週末、中野のモノ・モノで開催される「安比塗漆器工房」展。

食事会のメニューが、お料理のヤスダ屋・安田さんより到着いたしました。


とっても美味しそうです!



10月21日(土) 1部 11:30〜12:30 2部 13:30〜14:30 

「食べながら学ぶ漆器のイロハ」 
◎講師:日野明子(クラフトバイヤー) 料理:安田花織(ヤスダ屋)
◎参加費:税込1000円・予約制 

申込みフォームからご予約ください。


料理家・安田花織さんが岩手の食材で作ったヘルシーなランチを、

安比塗の器でお楽しみください。

食事を楽しみながら、漆器の楽しみ方やお手入れのなども学べます。

1部と2部の全席入れ替え制です。各回ともお席は12名様分をご用意しています。


当日のメニューは岩手北地方の郷土料理をベースに

季節のきのこや新米を使う予定です。



山に囲まれ、寒さも厳しく雪深い八幡平の保存食や雑穀を上手に活用し、

漆とともに暮らしてきた八幡平の食の風景に想いを馳せて頂ければと思います。

ただ新しいものをのせるのではなく昔から伝えられてきた食や漆器を

違う角度から触れる事で改めて魅力を感じて頂き、

暮らしに取り入れたくなるご提案が出来ればと考えております。


・かすおもし(おからのお惣菜)

・切干大根のオムレツ

・身欠き鰊のマリネ

・雑穀ときのこのパテドカンパーニュ

・新米ご飯

・おつこ汁(大豆のポタージュ) 塩鮭のクラッカーをクルトンの様にして


デザート:そば粉を使ったデザート



※ 写真は、<漆器使用例>として、安比塗り漆器工房のリーフレットから。



c0164708_09013022.jpg

c0164708_10232334.jpg
c0164708_10232688.jpg



[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-10-16 00:00 | 勉強会・トークイベント

<< うつわの手帖 台北展3 小器藝... 漆を扱ってみたいお店と使ってみ... >>