小鹿田焼復興事業

7月5日の豪雨により、小鹿田焼の皿山も甚大な被害を受けました。
小鹿田焼の組合が復興事業支援金を募っております。
http://ontayaki.support

以下、引用いたします。

※ 数年前に訪ねた時の写真。
 この唐臼のコツン、コツンという音は<日本の音100選>にも
選ばれています。
c0164708_02445046.jpg
c0164708_02444634.jpg


c0164708_02404400.png

 平成29年7月5日に発生した北部九州豪雨により、

国指定重要無形文化財「小鹿田焼」は、

その原材料となる土を粉砕する唐臼(からうす)の損壊、

水路の破損、登り窯の周辺部や原土を採取する山の崩落など、

大きな被害を受けました。

 小鹿田焼は、宝永2年(1705)の開窯以来、明治時代末期まで

甕・鉢・壺などの農家の日常雑器を製造し、昭和6年には

民芸運動の指導者柳宗悦の来山により、その伝統的な技法と

質朴・雄勁な作調が賞揚され、昭和45年には国の記録作成等の

措置を講ずべき無形文化財に選択されました。

 以降、今日まで主な原料の確保から、製造や加工、伝統的用具による

製品製作に至る製作工程には、伝統的かつ地域的な技法が純粋に

継承されています。

 私たちは小鹿田焼協同組合では、本格的修理事業に向けて

現在準備を進めていますが、窯元は家族単位で構成され、

男子一人が窯を伝承する習慣が今なお続いており、

それぞれの力だけでは完全な復興までには相当な時間を

有すると危惧しております。

 つきましては、今回の水害に伴う復旧事業に留まらず、

これからも小鹿田焼を守り、将来へ伝えていくために、

皆様のご支援を募るため「小鹿田焼復興事業支援金」を

下記のとおり開設致します。皆様の温かいご支援・ご指導を

宜しくお願い申し上げます。


以下、支援の方法などは、HPへ。



[PR]

by utsuwa_cafe | 2017-07-21 00:00 | 情報

<< 「使わず嫌いにさようならー木工... 工藝風向展 9回目  >>