おいしい研究 @AXIS 終了

塩尻市の協力のもと、無事に<おいしい研究会>終了。

13:30から19:30 丸々6時間の勉強会でした。

まずは、稲本善則さんから、
Lecture1として「おいしさ」を伝える、言葉の研究。
続いて
Work 1はこの実践。

Lecture2はヒノが「お米とうつわ」の研究として、
お米のうつわの歴史と、<飯わん>と日本人の関係などをレクチャー。
こんな浮世絵も使いました。
c0164708_08574105.jpg

work 2は森正洋さんの「平型めし碗」を使って、塩尻のお米の食べ比べ、
そして、色や柄による食べ物の印象の違いを考察しました。
無意識のうちにご飯茶碗のかたちが血潮となっている日本人でも、一瞬、
<めし碗?>と思うかたちながら、「平型めし碗」という、一つの典型を
作った、デザインアイコンです。

c0164708_09003861.jpg
c0164708_09004340.jpg

その後は、陶磁器と漆のわんでの食べ比べ。初めて、漆で御飯を食べる人も多く
興味深く召し上がってくださいました。

c0164708_08541748.jpg

work 3として、最後のまとめとして、稲本さんが講師となり、受講生みなで
おいしさを言葉にしました。

最後は交流会。
朝採レタス
朝採りキュウリ+味噌
ワインと日本酒が塩尻市より提供されました。
どれも美味!だったけれど、写真を取り損ねる…

他は、私物の器を使って、さらに御飯を食べました。

c0164708_09121142.jpg


c0164708_08593959.jpg


このアクシスR&Dグループによる、<おいしい研究会>は引き続き、
開催予定だそうです。



[PR]

by utsuwa_cafe | 2015-06-24 09:13 | 勉強会・トークイベント

<< d SCHOOL「わかりやすい... おいしい研究 >>