トークライブイベント 『長く使う道具と、長く続く店のひみつ』

文筆家の木村衣有子さんの近著「銀座ウェストのひみつ」。
木村さんは「ビジネス書として書いたけど、なかなかそう思われない」と
言われていますが、地場産業と親密に仕事をするプロダクトデザイナーの
大治将典さんは、自分が仕事している工場にビジネス書として配ったと言います。
その哲学は尊く、電車の中で、ほろりと涙したページもありました。
その木村さんに話を聞く機会を持てました。

トークライブイベント『長く使う道具と、長く続く店のひみつ』

『銀座ウエストのひみつ』(京阪神エルマガジン社)著者 木村衣有子
                                          × 
『台所道具を一生ものにする手入れ術』(誠文堂新光社)著者  日野明子

2014年7月30日(水)
19:00開場  19:30開演
場所 Paper Back Cafe (アトレヴィ東中野3F) 定員 30名
参加費 800円(税込) ワンドリンク付き
予約制 7/15(火)より予約受付
店頭。またはお電話にて   03-5937-2590

以前から親交のあるお二人。近著で25人の作り手に「台所道具を使い込んでいく魅力」の話を聞いた日野明子さんは、老舗洋菓子店「銀座ウエスト」の社長、工場長、従業員にインタビューして一冊にまとめた木村衣有子さんに、聞きたいことがたくさんあるといいます。
聞き手のプロ、日野明子さんが、どんなお話を引き出して下さるか、乞うご期待!

また、「リーフパイ」を一つ一つ手作りしている「銀座ウエスト」の真摯な企業哲学と、「台所道具」を手入れしながら一生ものにしていく、という一見別世界のことのように見えて、実は根本的な部分には共通した理念があるのではないか、という興味深いテーマにも迫ります。

使い捨ての生活、量産されるモノに疑問を感じている方、大切に使い続けることに興味のある方、実際の方法を知りたい方、必聴です。
[PR]

by utsuwa_cafe | 2014-07-29 03:00 | 勉強会・トークイベント

<< d SCHOOL わかりやすい... 工藝風向展終了 >>