高岡クラフトコンペ+高岡クラフト市場街

富山県高岡市の大和百貨店で26回目の高岡クラフトコンペ
開かれています。
昨日、その表彰式が行われました。
普通、表彰式というと、差し障りのない感謝の言葉と
激励の言葉が交わされるだけですが、今回の表彰式は違いました。

以下、本人の言葉のママではありませんが
(わたしが受け取った)要旨。

高岡クラフトコンペはコンテンポラリークラフトと
ファクトリークラフトの二部門があります。
c0164708_20423594.jpg

まずはコンテンポラリークラフトのグランプリ受賞者
大桃さんによる受賞のことば。

数年前、応募したが落選して、そのまま出せずにいたが
前回、同じく金工作家の主人が入選したのをきっかけに
高岡に展覧会を見に来ました。その際、大和のメイン会場だけでなく
街で開かれている連動イベント<作家のひきだし>展をみて、
「絶対に、わたしも今度は入選して、仲間に入りたいと思ったんです」。

この一言に、高岡の人々は皆、「やっていて良かった」と
心底思った。
わたしは思いがけず、目頭が熱くなった。
それだけでなく
「わたしは新潟で制作をしており、近くに燕三条と
いう金属の街があります。今は、本当に元気がないけれど、
この地場産業のお父さんたちのお陰でわたしはモノづくりが
続けられています」。

この一言も高岡銅器の産地としては自分たちに重ね合わせて、
胸を熱くしていました。

 そして、次にファクトリークラフトのグランプリ。
こちらは企画:テキスタイルの安井未星さん、制作は株式会社道具、
デザインは道具の社員の尾崎くん。
道具社長が話し始める。
「高岡の銅器の工場として活動していても、クラフトコンペの
事は、高岡伝統産業青年会に入るまで、知りませんでした。
入ってからは<何か出品しろ>と言われたけれど、(下請けとして
指示されるままに作っていた我々は、オリジナルでなんて)何を
作って良いか解りませんでした。そんなんで、出しても落選。裏方として
我々はずっと、壁の花でした。しかし、数年前、金沢の美大で鋳金を
勉強していた尾崎くんが、”鋳物をやるなら高岡”と入社してくれました。
そして、今年から、制作をしたい人と製造者を結びつける企画が始まり、
発案の安井さんの依頼を尾崎がかたちにして、会社が作り上げました。
今まで<何を作って良いか解らない>と思っていたけれど
<我々は作れるんだ>といことが解りました。そして、この賞をもらえ
本当に嬉しいです」

応募間際に道具社長は体調を崩し、結果、応募後入院をしてしまいました。
しかしぎりぎりまで仕上げをし、最終的にグランプリを勝ち取ったのです。
審査に立ち会った人間としては「地元からグランプリが出て良かった」
と、思っただけだったけれど、受賞した側から、こんな言葉を聞き、
今回の賞の意味を改めて感じたのです。
※入院+ダイエットで道具社長、ハンサム度が増しました。

 いつも、高岡クラフトコンペには地元の高岡銅器、高岡漆器の
伝統産業青年会の面々が全面的にバックアップしてくれます。
ただでさえ、自分たちの仕事が忙しいのに、本当に頭が下がる思いだけど
つい審査員として「地元からの出品が少なすぎる」と愚痴を言っておりました。
まさか作り手側に、道具社長のような気持ちがあったことは気づきも
しなかったのです。

受賞パーティーで何度も
「今日の受賞コメント、本当に良かった」
「誰か録音していなかったのか」
という言葉が交わされました。


____________________

前述の「高岡伝統産業青年会」。
忙しいのに、「高岡クラフト市場街」と「高岡クラフツーリズモ」
やってのけています。

こちら、市場街バッジ。3色はなかなか揃わないので、威張って付けてました。
c0164708_2144844.jpg

こちら、授賞式にて。
c0164708_2154532.jpg

数カ所で行われた「作家のひきだし」展。
c0164708_2145690.jpg

c0164708_2144749.jpg

c0164708_2143846.jpg

クラフツーリズモの出陣(@hanedajun から写真は拝借)
c0164708_2142932.jpg


クラフトコンペ会場は、川原隆邦くんの渾身の高岡透かし地図入り。
c0164708_2141499.jpg


こちら<高岡クラフト市場街>のマップ。おしゃれな店がたくさんあって
びっくりです。
c0164708_214156.jpg


充実の高岡。ますます面白いです。

100人が二次会に出て、三次会は50人!
c0164708_215541.jpg


→ 高岡伝統産業青年会
  羽田純→この人のセンスと焚き付けは大きい!
[PR]

by utsuwa_cafe | 2012-10-07 21:16 | 【展示会情報】

<< 第2回 わののわ〜杜の都のうつ... 仙台 第2回 うつわのチカラの... >>