6/1〜7 松屋銀座 遊びのギャラリー「久保一幸・大橋郁子・高倉工芸」

作り手紹介
岩手県九戸の南部箒・高倉工芸さん。自分で原料である、箒草も作るという、こだわりのある箒屋さんです。

c0164708_17163418.jpg
こちらは、九戸辺りの家を訪ねるとどこにでもあるスタンダードな形を、高倉工芸として作ったもの。
c0164708_1716076.jpg

こちらの和洋服ブルーム。南部地方の箒草は独特の<縮れ>があります。
その縮れはよくほこりを取り、しなやかなので力を入れなくてもいいのです。
c0164708_17144879.jpg

そんな和洋服ブルームは、銀座で一番古い注文紳士服店の高橋洋服店さんも認めています。
(小学館新書:「黒」は日本の常識、世界の非常識 高橋純著)
※写真で「500円」に見えますが、会場で売っているものは「10500円、15750円、21000円」です。


竹の久保一幸さん
c0164708_17142483.jpg

こちらは新作。「角」のそばざるです。
角は久保さんにして、かなり難儀したそうです。
c0164708_17135296.jpg

久保さんといえば「波ござ目かご」この独創性は久保さんならではです。
c0164708_17115256.jpg

バッグ。このバッグはPCも入ります。重宝します。


そして大橋郁子さん。
c0164708_171396.jpg

c0164708_17124788.jpg

c0164708_17122139.jpg


どれもこれも素敵なバッグばかりで迷ってしまいます。
そしてどれもこれもとにかくおしゃれで使いやすく、丈夫です。


展覧会は 松屋銀座 7階 遊びのギャラリーにて〜6/7(火)
最終日は17時でこの会場だけ閉めます。店の営業時間は10時〜20時です。
[PR]

by utsuwa_cafe | 2011-06-02 17:33

<< 浄法寺漆器 6/1〜7 松屋銀座 遊びのギ... >>