小鹿田焼復興事業

7月5日の豪雨により、小鹿田焼の皿山も甚大な被害を受けました。
小鹿田焼の組合が復興事業支援金を募っております。
http://ontayaki.support

以下、引用いたします。

※ 数年前に訪ねた時の写真。
 この唐臼のコツン、コツンという音は<日本の音100選>にも
選ばれています。
c0164708_02445046.jpg
c0164708_02444634.jpg


c0164708_02404400.png

 平成29年7月5日に発生した北部九州豪雨により、

国指定重要無形文化財「小鹿田焼」は、

その原材料となる土を粉砕する唐臼(からうす)の損壊、

水路の破損、登り窯の周辺部や原土を採取する山の崩落など、

大きな被害を受けました。

 小鹿田焼は、宝永2年(1705)の開窯以来、明治時代末期まで

甕・鉢・壺などの農家の日常雑器を製造し、昭和6年には

民芸運動の指導者柳宗悦の来山により、その伝統的な技法と

質朴・雄勁な作調が賞揚され、昭和45年には国の記録作成等の

措置を講ずべき無形文化財に選択されました。

 以降、今日まで主な原料の確保から、製造や加工、伝統的用具による

製品製作に至る製作工程には、伝統的かつ地域的な技法が純粋に

継承されています。

 私たちは小鹿田焼協同組合では、本格的修理事業に向けて

現在準備を進めていますが、窯元は家族単位で構成され、

男子一人が窯を伝承する習慣が今なお続いており、

それぞれの力だけでは完全な復興までには相当な時間を

有すると危惧しております。

 つきましては、今回の水害に伴う復旧事業に留まらず、

これからも小鹿田焼を守り、将来へ伝えていくために、

皆様のご支援を募るため「小鹿田焼復興事業支援金」を

下記のとおり開設致します。皆様の温かいご支援・ご指導を

宜しくお願い申し上げます。


以下、支援の方法などは、HPへ。



[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-07-21 00:00 | 情報

工藝風向展 9回目 

工藝風向さんに来ております。

昨日も灼熱の中、ご来場いただきました方々に感謝いたします。
本日は、conteの江口くんが、燕から来てくれます。

店内の情報は、風向さんが、常時、アップしてくれています。

〒810-0042 福岡市中央区赤坂2-6-27
営業時間:11:00-19:30
TEL:092-716-5173


ご来場、お待ちしております。





c0164708_11010480.jpg

[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-07-17 11:00 | 【展示会情報】

工藝風向展 9回目

工藝風向展ももう9回目です。
今年は、去年、D&DEPARTMENT FUKUOKAのナガオカケンメイさんとのトークショーの際
話題だけ出して、期待だけさせた、ステンレスボウル<conte>がメインとなります。

メーカーの一菱金属の江口くん。デザイナーの小野里奈さんのバランスが絶妙です。
そして、欠かせないのは燕の分業の各分野のプロたち。

conteの使い勝手の話はもちろんのこと、燕の地場産業の話など、江口くんが
新潟空港から福岡空港に飛んできて、語ってくれる会もあります。

もちろん、おなじみのアイテムも持っていきます。

7月11日(火)から23日(日)まで
会期中は無休
(日野在店 16日、17日、23日)

お話し会 「conte をめぐる、生産現場と使い方のお話」

【 日 時 】 7月17日 14:00 から
【話す人】 江口広哲(一菱金属)・ 日野明子(スタジオ木瓜)
【参加費】 500円
【 場 所 】 ギャラリーBIN(工藝風向の真上にあります)
お申し込みは風向さんへ

〒810-0042 福岡市中央区赤坂2-6-27
営業時間:11:00-19:30
TEL:092-716-5173




c0164708_13444511.png

[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-07-11 00:00 | 【展示会情報】

連載関係

料理通信 8月号
今回は、有田の<薄さを求める>陶芸家、副島健太郎さん。
c0164708_13533594.jpg
c0164708_13540706.jpg
c0164708_13541905.jpg




AXIS ブログ「宝玉混沌パズル4」
安土草多さんの回は、前後編


c0164708_13552418.jpg

[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-07-06 00:00 | 出版・掲載関係

きづき

創業30年を迎えられた、株式会社OMソーラーさんが出されている
機関紙「きづき」
記念すべき、30年特集号に、こちらにご紹介いただきました。

後日、ウェブでも公開されるようですが、とても丁寧に作られています。

お手に取る機会がありましたら、ぜひ。


c0164708_10262837.jpg


[PR]

# by utsuwa_cafe | 2017-07-04 00:00 | 出版・掲載関係